「マツダ・アテンザ」小変更で、走りもエコもレベルアップ

2010.01.26 自動車ニュース

「マツダ・アテンザ」小変更で、走りもエコもレベルアップ

マツダは、ミディアムクラスの「アテンザ」シリーズに小変更を加え、2010年1月26日に発売した。

2008年2月のデビューからちょうど2年を迎える「マツダ・アテンザ」シリーズがマイナーチェンジされた。
エクステリアは、フロントグリルの輪郭が他マツダ車とおそろいの五角形に変わり、「アテンザスポーツ」や「アテンザスポーツワゴン」のシンボルマークは大きくなった。リアのコンビランプに加え、バイキセノンヘッドランプ装備車はヘッドランプのデザインも形状も一新。アルミホイールは17インチ、18インチとも新デザインとされた。

いっぽうのインテリアは、ピアノブラックのパネル類(センターパネル、オーディオ、エアコンパネル)とクロームメッキパーツ(各種ダイヤル、シフトノブ、インナードアハンドル)の採用などがポイント。従来よりもプレミアム感を高めたという。

環境性能のテコ入れもニュースで、2リッター直4エンジン搭載モデル(アテンザセダンとアテンザスポーツワゴンのエントリーグレード)が、「環境対応車普及促進税制(50%)」および「環境対応車普及促進対策費補助金」の対象となった。
低燃費運転の可否がメーター上に表示されるエコランプ(6段MT車を除く)も新しい。

さらに、急ブレーキに合わせてハザードランプを点滅させ、後続車に注意を促す「エマージェンシーシグナルシステム」や、むち打ち症を軽減する「フロントアクティブヘッドレスト」など、安全性能も向上。「25EX」や「25Z」のFF/ATモデルには、前方の衝突リスクを軽減する「マツダプリクラッシュセーフティシステム」や、後方から接近する車両を検知する「リアビークルモニタリングシステム」をオプションで用意するなどした。

肝心の走行性能については、パワーステアリングのアシスト特性を変更し、高速走行時の安定性を追及。さらに、前後の足まわりも見直しを図り、フラット感のある上質で快適な乗り心地を目指したという。

価格は、「アテンザセダン」が210.0万円から250.0万円。「アテンザスポーツ」が245.0万円から275.0万円で、「アテンザスポーツワゴン」が225.0万円から275.0万円。

(webCG 関)

「マツダ・アテンザセダン」
「マツダ・アテンザセダン」
こちらはワゴンバージョンの「アテンザスポーツワゴン」。リアコンビランプの意匠があらためられた。
こちらはワゴンバージョンの「アテンザスポーツワゴン」。リアコンビランプの意匠があらためられた。
 
「マツダ・アテンザ」小変更で、走りもエコもレベルアップの画像
(写真左から)アテンザスポーツワゴン、アテンザスポーツ、アテンザセダン。今後も3つのボディスタイルでモデル展開する。
(写真左から)アテンザスポーツワゴン、アテンザスポーツ、アテンザセダン。今後も3つのボディスタイルでモデル展開する。
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)【試乗記】 2013.3.26 試乗記 マツダ・アテンザセダンXD(FF/6MT)
    ……326万2250円

    すでに高い人気を博している新型「マツダ・アテンザ」。今回は多彩なラインナップの中でも、ツウをうならせるマニアックなディーゼル×6段MT仕様に試乗。最新鋭のディーゼルエンジンを「手こぎ」で堪能した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
ホームへ戻る