緑色の「シボレー・カマロ」、本国で限定発売

2010.01.25 自動車ニュース
「シボレー・カマロ シナジー・スペシャル・エディション」
緑色の「シボレー・カマロ」、本国で限定発売

緑色の「シボレー・カマロ」、本国で限定発売

米ゼネラルモーターズは2010年1月22日、「シボレー・カマロ」に限定モデル「シナジー・スペシャル・エディション」を設定し、同日に発売した。


緑色の「シボレー・カマロ」、本国で限定発売

「シボレー・カマロ」の「シナジー・スペシャル・エディション」は、3.6リッターV6エンジンを搭載する「LT」グレードがベース。シナジーグリーンと呼ばれる緑色のボディカラーが特徴で、さらに、車体中央にはグレーのストライプが入れられる。

車内も、インストゥルメントパネルとドアの内張りがシナジーグリーンとなり、ステアリングホイールやシフトノブ、センターコンソール、そしてシートが、同じく緑色のステッチで飾られる。

トランスミッションは、6MTと6ATを用意。リモートエンジンスタート機能(ATモデルのみ)、Bluetoothによるハンズフリー通話機能、MP3用のUSBポートといった快適装備も自慢だ。

価格は2万6790ドル(約240万円)。今年2月から5月の期間限定で生産されるとのことである。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • メルセデス・ベンツGLA180(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.6 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」がマイナーチェンジを受けた。その内容はいわゆるフェイスリフトに過ぎない。しかし、試乗を通じて感じたのは、“見た目”優先ではなく、むしろ高い実用性を備えたユーティリティーカーに仕上がっているということだった。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る