緑色の「シボレー・カマロ」、本国で限定発売

2010.01.25 自動車ニュース
「シボレー・カマロ シナジー・スペシャル・エディション」
緑色の「シボレー・カマロ」、本国で限定発売

緑色の「シボレー・カマロ」、本国で限定発売

米ゼネラルモーターズは2010年1月22日、「シボレー・カマロ」に限定モデル「シナジー・スペシャル・エディション」を設定し、同日に発売した。


緑色の「シボレー・カマロ」、本国で限定発売

「シボレー・カマロ」の「シナジー・スペシャル・エディション」は、3.6リッターV6エンジンを搭載する「LT」グレードがベース。シナジーグリーンと呼ばれる緑色のボディカラーが特徴で、さらに、車体中央にはグレーのストライプが入れられる。

車内も、インストゥルメントパネルとドアの内張りがシナジーグリーンとなり、ステアリングホイールやシフトノブ、センターコンソール、そしてシートが、同じく緑色のステッチで飾られる。

トランスミッションは、6MTと6ATを用意。リモートエンジンスタート機能(ATモデルのみ)、Bluetoothによるハンズフリー通話機能、MP3用のUSBポートといった快適装備も自慢だ。

価格は2万6790ドル(約240万円)。今年2月から5月の期間限定で生産されるとのことである。

(webCG 関)

関連キーワード:
カマロシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
ホームへ戻る