【Movie】「マークX」&「ステップワゴン」がグシャッ! JNCAP公開衝突試験映像

2010.01.25 自動車ニュース

【Movie】「マークX」&「ステップワゴン」がグシャッ! JNCAP公開衝突試験映像

2010年1月20日、茨城県つくば市で、自動車アセスメント(JNCAP)の公開衝突試験が行われた。今回の被験車両は、「トヨタ・マークX」と「ホンダ・ステップワゴン」だ。

■自動車事故の犠牲者を減らすために

国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する自動車アセスメント(JNCAP)の公開衝突試験が、茨城県つくば市の日本自動車研究所で行われた。

この試験は、自動車安全性能に関する情報をユーザーに広く提供し、また自動車メーカーに安全なクルマづくりを促す目的で行われているもの。

今回の被験車は、「トヨタ・マークX」と「ホンダ・ステップワゴン」の2モデル。前者は、時速64kmでの「オフセット前面衝突試験」、後者は時速55kmでの「側面衝突試験」と時速17.6km(時速32km相当での追突を再現)での「後面衝突頚部保護性能試験」が実施された。ちなみに被験車両は、各自動車メーカーの販売台数の多いモデルから選ばれる。

ここではマークXのオフセット前面衝突試験と、ステップワゴンの側面衝突試験の模様をお届けする。

■オフセット前面衝突試験

オフセット前面衝突試験は、運転席と後部座席にダミーを乗せたクルマを時速64kmで走らせ、運転席側(車幅の40%)をアルミハニカムにオフセット衝突させる。そのときにダミーが受けた衝撃や室内の変形をもとに、乗員保護性能を5段階で評価するというもの。

■側面衝突試験

側面衝突試験は、運転席にダミーを乗せた静止状態のクルマの運転席側に、質量950kgの台車を時速55kmで衝突させる。そのときのダミーが受けた衝撃をもとに、乗員保護性能を5段階で評価するというもの。

JNCAPの試験の結果は、下記のwebサイトで公開されている。なお、今回の試験結果は、2010年4月に発表予定となっている。

国土交通省ホームページ:
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/02assessment/
NASVAホームページ:
http://www.nasva.go.jp/
NASVA mobile(携帯サイト):
http://www.nasva.go.jp/mobile/index.html

(webCG 曽宮)


【Movie】「マークX」&「ステップワゴン」がグシャッ! JNCAP公開衝突試験映像の画像
2009年度は交通事故死者数が57年ぶりに5000人を下回るなど、自動車事故の被害者は年々減少傾向にある。
2009年度は交通事故死者数が57年ぶりに5000人を下回るなど、自動車事故の被害者は年々減少傾向にある。

【Movie】「マークX」&「ステップワゴン」がグシャッ! JNCAP公開衝突試験映像の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る