「スズキ・ワゴンR」など主要5モデルに特別仕様車

2010.01.22 自動車ニュース

「スズキ・ワゴンR」など主要5モデルに特別仕様車

スズキは、「ワゴンR」「スイフト」など5車種に、四輪車国内累計販売台数2000万台達成記念の特別仕様車を設定し、2010年1月21日に発売した。

スズキは、2010年1月末に日本国内の四輪車累計販売台数が2000万台を達成(スズキ調べ)する見通し。これを記念して、軽乗用車の「ワゴンR 」「アルトラパン」、小型乗用車の「スイフト」「スイフトスポーツ」「スプラッシュ」の計5車種に、装備を充実させるなどした特別仕様車を設定した。

詳細は以下のとおり。

■「ワゴンR FX-Sリミテッド」

「ワゴンR FX-Sリミテッド」は、「ワゴンR」の上級グレード「FXリミテッドII」(CVT)をベースに、ディスチャージヘッドランプやオートライトシステムを装備。さらにマルチリフレクターフロントフォグランプやルーフアンテナを装備する。
価格はベース車より5万2500円高い、126万5250円(FF)と138万2850円(4WD)。

■「アルトラパン Xリミテッド」

「アルトラパン Xリミテッド」は、「アルトラパン」の中間グレード「X」(CVT)をベースに、ディスチャージヘッドランプやオートライトシステム、フロントフォグランプを装備。インテリアは、ブラック内装に本革巻ステアリングホイールを採用するほか、外気温計やフルオートエアコンなども与えられる。

ボディカラーは、特別色のパールメタリックカシミールブルーを含む全5色を設定。
価格はベース車より6万3000円高い、128万5200円(FF)と141万3300円(4WD)。

■「スイフト XG Cセレクション」

「スイフト XG Cセレクション」は、「スイフト」のベーシックグレード「XG」に、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、15インチアルミホイールを追加装備。インテリアは、本革巻ステアリングホイール&シフトノブや、専用のドアトリムとフロントアームレストを採用する。さらに、オートドアロックシステムやオートライトシステム、格納式リモートドアミラーなど便利装備も付与される。

価格はベース車より4万2000円高い、123万9000円(1.2リッター/CVT)と141万7500円(1.3リッター/4AT)。

「スイフトスポーツ Fリミテッド」

「スイフトスポーツ Fリミテッド」は、「スイフトスポーツ」に、ボディ同色のエアロパーツや専用塗装の16インチアルミホイール、ディスチャージヘッドランプを装備。内装では、シルバーステッチをアクセントにした専用シート表皮や、本革巻ステアリングホイールなどを採用する。

価格はベース車より7万3500円高い、170万1000円(5MT)と175万3500円(4AT)。

■「スプラッシュ リミテッド」

「スプラッシュ リミテッド」は、「スプラッシュ」にエアロパーツや15インチアルミホイール、マルチリフレクターハロゲンフォグランプを装着したスポーティな仕様。内装は、グレーの専用色を採用し、前席にはシートヒーターが備わる。
ボディカラーは、特別色の「クールホワイトパール」「ギャラクティックグレーメタリック」を含む全4色を用意する。

価格はベース車より10万5000円高い、134万4000円。

(webCG ワタナベ)

「ワゴンR FX-Sリミテッド」
「ワゴンR FX-Sリミテッド」
「アルトラパン Xリミテッド」
「アルトラパン Xリミテッド」
「スイフト XG Cセレクション」
「スイフト XG Cセレクション」
「スイフトスポーツ Fリミテッド」
「スイフトスポーツ Fリミテッド」
「スプラッシュ リミテッド」
「スプラッシュ リミテッド」

関連キーワード:
スイフトラパンワゴンRスズキスプラッシュ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記