「スズキ・ワゴンR」など主要5モデルに特別仕様車

2010.01.22 自動車ニュース

「スズキ・ワゴンR」など主要5モデルに特別仕様車

スズキは、「ワゴンR」「スイフト」など5車種に、四輪車国内累計販売台数2000万台達成記念の特別仕様車を設定し、2010年1月21日に発売した。

スズキは、2010年1月末に日本国内の四輪車累計販売台数が2000万台を達成(スズキ調べ)する見通し。これを記念して、軽乗用車の「ワゴンR 」「アルトラパン」、小型乗用車の「スイフト」「スイフトスポーツ」「スプラッシュ」の計5車種に、装備を充実させるなどした特別仕様車を設定した。

詳細は以下のとおり。

■「ワゴンR FX-Sリミテッド」

「ワゴンR FX-Sリミテッド」は、「ワゴンR」の上級グレード「FXリミテッドII」(CVT)をベースに、ディスチャージヘッドランプやオートライトシステムを装備。さらにマルチリフレクターフロントフォグランプやルーフアンテナを装備する。
価格はベース車より5万2500円高い、126万5250円(FF)と138万2850円(4WD)。

■「アルトラパン Xリミテッド」

「アルトラパン Xリミテッド」は、「アルトラパン」の中間グレード「X」(CVT)をベースに、ディスチャージヘッドランプやオートライトシステム、フロントフォグランプを装備。インテリアは、ブラック内装に本革巻ステアリングホイールを採用するほか、外気温計やフルオートエアコンなども与えられる。

ボディカラーは、特別色のパールメタリックカシミールブルーを含む全5色を設定。
価格はベース車より6万3000円高い、128万5200円(FF)と141万3300円(4WD)。

■「スイフト XG Cセレクション」

「スイフト XG Cセレクション」は、「スイフト」のベーシックグレード「XG」に、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、15インチアルミホイールを追加装備。インテリアは、本革巻ステアリングホイール&シフトノブや、専用のドアトリムとフロントアームレストを採用する。さらに、オートドアロックシステムやオートライトシステム、格納式リモートドアミラーなど便利装備も付与される。

価格はベース車より4万2000円高い、123万9000円(1.2リッター/CVT)と141万7500円(1.3リッター/4AT)。

「スイフトスポーツ Fリミテッド」

「スイフトスポーツ Fリミテッド」は、「スイフトスポーツ」に、ボディ同色のエアロパーツや専用塗装の16インチアルミホイール、ディスチャージヘッドランプを装備。内装では、シルバーステッチをアクセントにした専用シート表皮や、本革巻ステアリングホイールなどを採用する。

価格はベース車より7万3500円高い、170万1000円(5MT)と175万3500円(4AT)。

■「スプラッシュ リミテッド」

「スプラッシュ リミテッド」は、「スプラッシュ」にエアロパーツや15インチアルミホイール、マルチリフレクターハロゲンフォグランプを装着したスポーティな仕様。内装は、グレーの専用色を採用し、前席にはシートヒーターが備わる。
ボディカラーは、特別色の「クールホワイトパール」「ギャラクティックグレーメタリック」を含む全4色を用意する。

価格はベース車より10万5000円高い、134万4000円。

(webCG ワタナベ)

「ワゴンR FX-Sリミテッド」
「ワゴンR FX-Sリミテッド」
「アルトラパン Xリミテッド」
「アルトラパン Xリミテッド」
「スイフト XG Cセレクション」
「スイフト XG Cセレクション」
「スイフトスポーツ Fリミテッド」
「スイフトスポーツ Fリミテッド」
「スプラッシュ リミテッド」
「スプラッシュ リミテッド」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
ホームへ戻る