「スズキ・ワゴンR」など主要5モデルに特別仕様車

2010.01.22 自動車ニュース

「スズキ・ワゴンR」など主要5モデルに特別仕様車

スズキは、「ワゴンR」「スイフト」など5車種に、四輪車国内累計販売台数2000万台達成記念の特別仕様車を設定し、2010年1月21日に発売した。

スズキは、2010年1月末に日本国内の四輪車累計販売台数が2000万台を達成(スズキ調べ)する見通し。これを記念して、軽乗用車の「ワゴンR 」「アルトラパン」、小型乗用車の「スイフト」「スイフトスポーツ」「スプラッシュ」の計5車種に、装備を充実させるなどした特別仕様車を設定した。

詳細は以下のとおり。

■「ワゴンR FX-Sリミテッド」

「ワゴンR FX-Sリミテッド」は、「ワゴンR」の上級グレード「FXリミテッドII」(CVT)をベースに、ディスチャージヘッドランプやオートライトシステムを装備。さらにマルチリフレクターフロントフォグランプやルーフアンテナを装備する。
価格はベース車より5万2500円高い、126万5250円(FF)と138万2850円(4WD)。

■「アルトラパン Xリミテッド」

「アルトラパン Xリミテッド」は、「アルトラパン」の中間グレード「X」(CVT)をベースに、ディスチャージヘッドランプやオートライトシステム、フロントフォグランプを装備。インテリアは、ブラック内装に本革巻ステアリングホイールを採用するほか、外気温計やフルオートエアコンなども与えられる。

ボディカラーは、特別色のパールメタリックカシミールブルーを含む全5色を設定。
価格はベース車より6万3000円高い、128万5200円(FF)と141万3300円(4WD)。

■「スイフト XG Cセレクション」

「スイフト XG Cセレクション」は、「スイフト」のベーシックグレード「XG」に、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、15インチアルミホイールを追加装備。インテリアは、本革巻ステアリングホイール&シフトノブや、専用のドアトリムとフロントアームレストを採用する。さらに、オートドアロックシステムやオートライトシステム、格納式リモートドアミラーなど便利装備も付与される。

価格はベース車より4万2000円高い、123万9000円(1.2リッター/CVT)と141万7500円(1.3リッター/4AT)。

「スイフトスポーツ Fリミテッド」

「スイフトスポーツ Fリミテッド」は、「スイフトスポーツ」に、ボディ同色のエアロパーツや専用塗装の16インチアルミホイール、ディスチャージヘッドランプを装備。内装では、シルバーステッチをアクセントにした専用シート表皮や、本革巻ステアリングホイールなどを採用する。

価格はベース車より7万3500円高い、170万1000円(5MT)と175万3500円(4AT)。

■「スプラッシュ リミテッド」

「スプラッシュ リミテッド」は、「スプラッシュ」にエアロパーツや15インチアルミホイール、マルチリフレクターハロゲンフォグランプを装着したスポーティな仕様。内装は、グレーの専用色を採用し、前席にはシートヒーターが備わる。
ボディカラーは、特別色の「クールホワイトパール」「ギャラクティックグレーメタリック」を含む全4色を用意する。

価格はベース車より10万5000円高い、134万4000円。

(webCG ワタナベ)

「ワゴンR FX-Sリミテッド」
「ワゴンR FX-Sリミテッド」
「アルトラパン Xリミテッド」
「アルトラパン Xリミテッド」
「スイフト XG Cセレクション」
「スイフト XG Cセレクション」
「スイフトスポーツ Fリミテッド」
「スイフトスポーツ Fリミテッド」
「スプラッシュ リミテッド」
「スプラッシュ リミテッド」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、クロスオーバーモデルの新型「XV」を世界初公開 2017.1.23 自動車ニュース 富士重工業が、クロスオーバーモデルの新型「スバルXV」を、第87回ジュネーブショーで世界初公開すると発表した。日本での受注開始は3月9日の予定で、スバルでは特設ウェブサイトで順次情報を公開していくとしている。
ホームへ戻る