「ジープ・パトリオット」、燃費向上でエコカー補助金対象に

2010.01.22 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」、燃費向上でエコカー補助金対象に

クライスラー日本は、燃費性能を高めた「ジープ・パトリオット」シリーズの2010年モデルを、2010年2月1日に発売する。

■アメ車初の補助金対象

2010年モデルの「ジープ・パトリオット」は、エンジンコントロールユニットのソフトウェアが変更され、10・15モードの燃費値が10.0km/リッターから10.6km/リッターへと向上。
これにより、平成22年度燃費基準を達成。アメリカ車として初めてエコカー補助金(環境対応車普及促進対策費補助金)の対象車となり、新車登録から13年以上経つクルマを廃車して乗り換えた場合は、25万円の補助金が給付される。

内外装についても、17インチアルミホイールやリアライセンスライトバーの色が改められ、イルミネーテッドカップホルダーや革巻パーキングブレーキハンドル、フロントアクティブヘッドレストなどの装備が新たに採用された。

価格は、以下のとおり。

・ジープ・パトリオット スポーツ:291万9000円
・ジープ・パトリオット リミテッド:331万8000円
・ジープ・パトリオット リミテッド(パワーガラスサンルーフ付き):342万3000円

(webCG 関)

ジープ・パトリオット リミテッド
ジープ・パトリオット リミテッド
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • 「スバル・フォレスター」にシックなイメージの特別仕様車 2017.7.25 自動車ニュース スバルが「フォレスター」に特別仕様車「スマートエディション」を設定。上級グレード2モデルをベースに、ダークメッキのフロントグリルなどで内外装をコーディネートしたもので、一部の装備を簡略化することで、ベース車より価格も抑えられている。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る