「ジープ・パトリオット」、燃費向上でエコカー補助金対象に

2010.01.22 自動車ニュース

「ジープ・パトリオット」、燃費向上でエコカー補助金対象に

クライスラー日本は、燃費性能を高めた「ジープ・パトリオット」シリーズの2010年モデルを、2010年2月1日に発売する。

■アメ車初の補助金対象

2010年モデルの「ジープ・パトリオット」は、エンジンコントロールユニットのソフトウェアが変更され、10・15モードの燃費値が10.0km/リッターから10.6km/リッターへと向上。
これにより、平成22年度燃費基準を達成。アメリカ車として初めてエコカー補助金(環境対応車普及促進対策費補助金)の対象車となり、新車登録から13年以上経つクルマを廃車して乗り換えた場合は、25万円の補助金が給付される。

内外装についても、17インチアルミホイールやリアライセンスライトバーの色が改められ、イルミネーテッドカップホルダーや革巻パーキングブレーキハンドル、フロントアクティブヘッドレストなどの装備が新たに採用された。

価格は、以下のとおり。

・ジープ・パトリオット スポーツ:291万9000円
・ジープ・パトリオット リミテッド:331万8000円
・ジープ・パトリオット リミテッド(パワーガラスサンルーフ付き):342万3000円

(webCG 関)

ジープ・パトリオット リミテッド
ジープ・パトリオット リミテッド

関連キーワード:
パトリオットジープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • 新型「ジープ・コンパス」、10月30日にデビュー 2017.10.2 自動車ニュース FCAジャパンが、2017年10月30日に新型「ジープ・コンパス」を発表する。コンパスはモダンなスタイリングを特徴とするジープブランドのクロスオーバーSUVであり、2代目となる新型は機能性、快適性、安全性などが全方位的に高められているという。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)/フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.1 試乗記 長野県は白馬で「ジープ・レネゲード トレイルホーク」と「フィアット500Xクロスプラス」に試乗。雪道での試乗を通して感じた、同じプラットフォームから生まれた“兄弟車”とは思えない、両モデルの個性の違いをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記