新型「マツダ・プレマシー」、笑顔でデビュー【ジュネーブショー2010】

2010.01.21 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】新型「マツダ・プレマシー」、笑い顔でデビュー

マツダは、2010年3月2日から開催されるジュネーブショーで、コンパクトミニバン「マツダ5」(日本名:プレマシー)の新型を世界初公開すると発表した。

現行モデル(2代目)の「マツダ・プレマシー」がデビューしたのは、2005年2月のこと。それからちょうど5年を数える今年のジュネーブショーで、新型がお披露目されることとなった。

まず目をひくのが、先に一新された「アクセラ」などにも見られる、笑い顔のフロント周り。サイドにも波型の特徴的なキャラクターラインが入れられるなど、同社が「NAGARE(流れ)」のコンセプトで扱う、近年のデザイン手法がフルに盛り込まれている。

モノフォルムに両側スライドドアを有するボディ形状そのものは、現行モデルと同じ。2列目のウォークスルー部分に補助シートを出して乗車定員を増やす「カラクリシート」も引き継がれる模様。
エンジンは、アイドリングストップ機構「i-stop」を備える直噴2リッター直4のほか、1.8リッター直4も用意されるとのことだ。

(webCG 関)

新型「マツダ5」こと「マツダ・プレマシー」。
新型「マツダ5」こと「マツダ・プレマシー」。
波型のラインが特徴のエクステリア。高い空力性能も実現したと主張する。
波型のラインが特徴のエクステリア。高い空力性能も実現したと主張する。
新型「マツダ5」の運転席まわり。2リッター、1.8リッターモデルともに、写真の6段MTモデルが用意される。(欧州仕様車)
新型「マツダ5」の運転席まわり。2リッター、1.8リッターモデルともに、写真の6段MTモデルが用意される。(欧州仕様車)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る