新型「マツダ・プレマシー」、笑顔でデビュー【ジュネーブショー2010】

2010.01.21 自動車ニュース

【ジュネーブショー2010】新型「マツダ・プレマシー」、笑い顔でデビュー

マツダは、2010年3月2日から開催されるジュネーブショーで、コンパクトミニバン「マツダ5」(日本名:プレマシー)の新型を世界初公開すると発表した。

現行モデル(2代目)の「マツダ・プレマシー」がデビューしたのは、2005年2月のこと。それからちょうど5年を数える今年のジュネーブショーで、新型がお披露目されることとなった。

まず目をひくのが、先に一新された「アクセラ」などにも見られる、笑い顔のフロント周り。サイドにも波型の特徴的なキャラクターラインが入れられるなど、同社が「NAGARE(流れ)」のコンセプトで扱う、近年のデザイン手法がフルに盛り込まれている。

モノフォルムに両側スライドドアを有するボディ形状そのものは、現行モデルと同じ。2列目のウォークスルー部分に補助シートを出して乗車定員を増やす「カラクリシート」も引き継がれる模様。
エンジンは、アイドリングストップ機構「i-stop」を備える直噴2リッター直4のほか、1.8リッター直4も用意されるとのことだ。

(webCG 関)

新型「マツダ5」こと「マツダ・プレマシー」。
新型「マツダ5」こと「マツダ・プレマシー」。
波型のラインが特徴のエクステリア。高い空力性能も実現したと主張する。
波型のラインが特徴のエクステリア。高い空力性能も実現したと主張する。
新型「マツダ5」の運転席まわり。2リッター、1.8リッターモデルともに、写真の6段MTモデルが用意される。(欧州仕様車)
新型「マツダ5」の運転席まわり。2リッター、1.8リッターモデルともに、写真の6段MTモデルが用意される。(欧州仕様車)

関連キーワード:
プレマシーマツダジュネーブモーターショー2010イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • 特別な内外装のマツダ・ビアンテ グランツ発売 2012.1.26 自動車ニュース マツダは、ミニバン「ビアンテ」に特別仕様車「GRANZ(グランツ)」と「GRANZ-C」を設定し、2012年1月26日に発売した。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真