【スペック】全長×全幅×全高=5210×1900×1485mm/ホイールベース=3210mm/車重=2290kg/駆動方式=FR/6リッターV12DOHC48バルブターボ(544ps/5250rpm、76.5kgm/1500-5000rpm)/価格=1920.0万円(テスト車=1954.3万円/スタースポークスタイリング251アロイホイール=9.0万円/マルチファンクションスポーツレザーステアリングホイール=3.3万円/セラミックフィニッシュ=9.5万円/サイドビューカメラ=7.3万円/USBオーディオインターフェイス=5.2万円)

BMW760Li(FR/8AT)【試乗記】

いまのBMWのすべて 2010.01.21 試乗記 BMW760Li(FR/8AT)
……1954.3万円

BMW最上級モデルの特上グレード、「760Li」に試乗した。BMWが持てる技術をフルに注ぎ込んだフラッグシップサルーンは、果たしてどんなクルマだったのか?

「軽やか」なビッグセダン

2009年3月より日本へ導入されている現行「BMW7シリーズ」の一番の特徴は、その走行性能だ。BMWの特徴が“走り”だなんて、改めて記すまでもないことだと言われてしまいそうだが、実際に7シリーズのそれは近年のBMWが辿ってきた変化の集大成的な仕上がりであり、またブランドのフラッグシップにふさわしい内容を持っていると断言できる。
そこに体現されているのはサイズを感じさせない走り。このセグメントで走りに「軽やか」なんて言葉を使いたくなるのは、このクルマぐらいのものである。

それを具現するために、7シリーズにはBMWが誇る技術のすべてが注ぎ込まれている。アルミ素材の多用による積極的な軽量化ばかりでなく、後輪操舵を連動させたインテグレイテッド・アクティブ・ステアリング、シャシーやエンジン、DSCなどの制御を複数のモードに切り換えられるダイナミック・ドライビング・コントロール等々、挙げていけばキリがないほどだ。

落ち着いたエクステリアに、質の高いハンドリング。そんなイメージは過去のものとなり、近年のBMWは見た目にせよ走りにせよ、あるいは操作系等々まで含めて、きわめてダイナミックでアグレッシブな方向へと舵を切った。現行7シリーズはそのひとつの完成形であり、また次の時代への幕を開くものだと言っていいだろう。そして、そうしたあり方は驚くべきことに、いや当然と言うべきか、シリーズそしてブランドの旗艦である「760Li」でも、まったく変わることは無かったのである。

関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る