新型「マツダ・アテンザ」は250万円から

2012.10.09 自動車ニュース
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」
新型「アテンザ」は250万円から

新型「マツダ・アテンザ」の予約受注開始

マツダは2012年10月6日、新型「マツダ アテンザ」の予約受注を開始した。メーカー希望予定小売価格は250万〜340万円(消費税込み)。発売は11月後半を予定している。

「アテンザ ワゴン XD Lパッケージ」
「アテンザ ワゴン XD Lパッケージ」
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」オフホワイト内装
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」オフホワイト内装
「アテンザ セダン 20S」
「アテンザ セダン 20S」

新型「アテンザ」は、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインテーマ「魂動(こどう)―Soul of Motion」を採用した、同社の新世代商品群の第2弾に当たる。

グレードはセダン、ワゴンとも、力強さと低燃費を実現したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」(2.2リッター直4ターボ)を搭載した「XD(クロスディー)」、新開発したガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」(2.5リッター直4)の「25S」、および「SKYACTIV-G 2.0」(2リッター直4)の「20S」という3種類が設定される。「XD」には「SKYACTIV-MT」と呼ばれる6段MT搭載車が用意される。

また、「魂動」デザインを象徴するイメージカラーとして、新色「ソウルレッドプレミアムメタリック」が採用される。これまで実現が難しかった躍動的な造形を際立たせる「強い陰影、深み」と、スポーティーさを訴えかける「鮮やかさ」という二つの要素を高いレベルで両立させたとうたわれる。こだわりをもつ職人の手で作り出すような、精緻で高品質な「匠塗(TAKUMINURI)」専用プログラムで塗装されるという。

安全性能については、ミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いたマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が採用される。事故が避けづらい状況で衝突回避・被害軽減を図るプリクラッシュセーフティー技術だけでなく、より早い段階から運転手の認知支援を行うアクティブセーフティー技術も積極的に取り入れ、安全なドライビングをサポートする。

さらに、マツダ独自のアイドリングストップシステム「i-stop(アイ・ストップ)」に加え、乗用車用として世界で初めて蓄電器にキャパシターを使用した減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」が搭載され、実用域での燃費性能を向上させている。

「アテンザ ワゴン XD Lパッケージ」
「アテンザ ワゴン XD Lパッケージ」
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」
「アテンザ セダン XD Lパッケージ」
「アテンザ セダン 20S」の室内
「アテンザ セダン 20S」の室内

メーカー希望予定小売価格は以下のとおり。

●アテンザ セダン
・20S(6AT):250万円
・25S L Package(6AT):300万円
・XD(6AT):290万円
・XD(6MT):302万6000円
・XD L Package(6AT):340万円

●アテンザ ワゴン
・20S(6AT):250万円
・25S L Package(6AT):300万円
・XD(6AT):290万円
・XD(6MT):302万6000円
・XD L Package(6AT):340万円

※ ボディカラーは全7色。特別塗装色「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択した場合は5万2500円高。「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を選択した場合は3万1500円高。(いずれも消費税込み)

(webCG)

―関連記事(カースコープ)はこちら

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)【試乗記】 2012.12.29 試乗記 マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ(FF/6AT)/アテンザワゴン20S(FF/6AT)
    ……313万6500円/280万9750円

    「SKYACTIV(スカイアクティブ)」テクノロジーと「魂動(こどう)」デザインを採用し、生まれ変わった新型「アテンザ」。マツダの新たなフラッグシップモデルの実力を、まずはガソリンエンジン搭載車で試した。
ホームへ戻る