480psのレース用ポルシェ、「911 GT3 R」デビュー

2010.01.20 自動車ニュース

480psのレース用ポルシェ、「911 GT3 R」デビュー

独ポルシェAGは2010年1月14日、イギリス・バーミンガムで開催されたレーシングカーのオートショー「オートスポーツインターナショナル」で、GTカーレース用マシン「ポルシェ911 GT3 R」を初公開した。

ポルシェの「911 GT3 R」は、FIA GT3レギュレーションに準拠した競技車両「911 GT3 カップS」の後継となるモデル。2010年シーズン用に開発されたマシンで、そのままレースに出場できる状態のまま顧客にデリバリーされる。

「これまで以上の動力性能とハンドリングを主眼として開発を進めた」(プレスリリース)という新型は、日本をはじめ世界各国で開催されているワンメイクレース「カレラカップ」の競技車両として2009年9月にデビューした「911 GT3カップ」をベースに開発。水平対向6気筒エンジンの排気量を200ccアップの4リッターに拡大し、ベースモデルを30ps上回る480psを発生。6段のシーケンシャルトランスミッションを介し後輪を駆動する。
トレッドの拡大や、リアスポイラーの調節範囲が広がったことも、新型の改良点だ。

足回りは、調整範囲の広さが自慢のレーシングサスペンションと鍛造軽合金18インチホイールを装備。ブレーキは、スチール製ベンチレーテッドディスク(前:380mm、後:355mm)にアルミ製モノブロックキャリパー(前:対向6ピストン、後:対向4ピストン)が組み合わされる。

ABSやトラクションコントロール、さらに「スロットルブリップ」機能付きの電子制御スロットルなども備わり、先代モデルより操縦しやすくなった(プレスリリース)とのこと。

かような「911 GT3 R」、お値段のほうも、税抜きで27万9000ユーロ(邦貨にして約3600万円)とハイレベルながら、ポルシェのモータースポーツセールス部門によれば、ほぼ完売状態とのことである。

(webCG 関)

「ポルシェ911 GT3 R」
「ポルシェ911 GT3 R」

480psのレース用ポルシェ、「911 GT3 R」デビューの画像
ロールオーバーケージが備わる「GT3 R」のインテリア。鉄板剥き出しの車内に、難燃性の素材を使ったドライバーズシートが置かれる。
ロールオーバーケージが備わる「GT3 R」のインテリア。鉄板剥き出しの車内に、難燃性の素材を使ったドライバーズシートが置かれる。
大きなフェンダーが目を引くボディは、レーシーな市販モデル「911 GT3 RS」をベースとするもの。全幅は103mm拡大されている。なお、車両重量は「911 GT3 RS」比で-220kgの、1200kg。
大きなフェンダーが目を引くボディは、レーシーな市販モデル「911 GT3 RS」をベースとするもの。全幅は103mm拡大されている。なお、車両重量は「911 GT3 RS」比で-220kgの、1200kg。

関連キーワード:
911ポルシェモータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 RSR/911 GT3 R/911 GT3 Cup【海外試乗記】 2017.9.5 試乗記 デビューイヤーの2017年から、さまざまなレースで高い戦闘力を見せつけている「ポルシェ911 RSR」。レーシングドライバーにして“ポルシェ使い”の田中哲也氏が、レーシング911の走りの最前線をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
ホームへ戻る