【スペック】全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース=2920mm/車重=1800kg/駆動方式=FR/4.8リッターV8DOHC32バルブ(400ps/6500rpm、51.0kgm/3500-5000rpm)/価格=1374万円(テスト車=1496万9000円)

ポルシェ・パナメーラS(FR/7AT)【試乗記】

姿ちがえど……! 2010.01.20 試乗記 ポルシェ・パナメーラS(FR/7AT)
……1496万9000円
「出るぞ出るぞ」でついに出た、ポルシェ初の4ドアセダン「パナメーラ」。実際の走りや乗り心地はいかほど? 最廉価の「S」で試した。

必然のプロダクト

「パナメーラ」は、ポルシェとしては初のセダン。創業以来ずっとスポーツカーに専念してきたポルシェだが、SUV の「カイエン」で多角化に成功したのを受けて、いよいよ本格的な高級高性能セダン界にも殴り込みというわけだ。でも、これでビジネスも一気に成長と行けるかどうか、楽観は禁物。主な輸出先アメリカの景気も不透明なら、最近はアラブも揺れている。だとすると、高度成長にわく中国の富裕層が頼みの綱になるのだろうか。

それはともかく、もともとスポーツカーにも高い実用性を求めてきたのがポルシェ。だから「911」にも狭いながらリアシートがあるし、「ケイマン」はミドエンジンなのにハッチバックから大量の荷物を積み込める。かつては「924」、「944」、「928」などFRの実用的なハッチバッククーペもあったし、なんとRRの911を4ドア化した試作車もあった。そんな経験を踏まえれば、4ドア+ハッチバックのパナメーラが生まれたのも当然かもしれない。

簡単に復習しておくと、いかにもポルシェらしいスタイルのボディは全長5m級、全幅1.9m以上とかなり大きめ。フロントに積むエンジンは4.8リッターのV8で、ノンターボが400ps 、ターボ(ツイン)が500ps。変速機は自慢のツインクラッチ7段PDK 。グレードはノンターボの「S」(日本では1374.0万円)、それを4WD化した「4S」(1436.0万円)、「ターボ」(2061.0万円)の3つがある。

エンジンは、水平対向ではなくコンベンショナルなV型8気筒。なお、ハイブリッド版「パナメーラ ハイブリッド」は、2010年にデビュー予定とされる。
エンジンは、水平対向ではなくコンベンショナルなV型8気筒。なお、ハイブリッド版「パナメーラ ハイブリッド」は、2010年にデビュー予定とされる。
シフトレバーの周辺には、サスペンションやスポイラー、シートヒーターなどの操作スイッチがズラリと並ぶ。
シフトレバーの周辺には、サスペンションやスポイラー、シートヒーターなどの操作スイッチがズラリと並ぶ。
【テスト車のオプション装備】
エスプレッソ インテリア=81万7000円/フロアマット=3万2000円/カラークレスト ホイールセンターキャップ=3万円、固定式ラゲッジカバー=2万8千円、ソフトルックレザーシート=6万5000円/チルト・スライド式電動サンルーフ=25万7000円
【テスト車のオプション装備】
エスプレッソ インテリア=81万7000円/フロアマット=3万2000円/カラークレスト ホイールセンターキャップ=3万円、固定式ラゲッジカバー=2万8千円、ソフトルックレザーシート=6万5000円/チルト・スライド式電動サンルーフ=25万7000円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • 「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」の会場から 2016.12.20 画像・写真 2016年12月20日、新型「ポルシェ・パナメーラ」の先行公開イベント「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」が東京・恵比寿で開催された。女優の真矢ミキさんや音楽家の高橋幸宏さんもゲスト出演した、会場の様子を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――マセラティ・レヴァンテ(後編) 2017.1.5 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「マセラティ・レヴァンテ」がテーマ。マセラティ初のSUVはどんな人にお薦めか? 谷口視点で分析する。
ホームへ戻る