【スペック】全長×全幅×全高=4970×1930×1420mm/ホイールベース=2920mm/車重=1800kg/駆動方式=FR/4.8リッターV8DOHC32バルブ(400ps/6500rpm、51.0kgm/3500-5000rpm)/価格=1374万円(テスト車=1496万9000円)

ポルシェ・パナメーラS(FR/7AT)【試乗記】

姿ちがえど……! 2010.01.20 試乗記 ポルシェ・パナメーラS(FR/7AT)
……1496万9000円
「出るぞ出るぞ」でついに出た、ポルシェ初の4ドアセダン「パナメーラ」。実際の走りや乗り心地はいかほど? 最廉価の「S」で試した。

必然のプロダクト

「パナメーラ」は、ポルシェとしては初のセダン。創業以来ずっとスポーツカーに専念してきたポルシェだが、SUV の「カイエン」で多角化に成功したのを受けて、いよいよ本格的な高級高性能セダン界にも殴り込みというわけだ。でも、これでビジネスも一気に成長と行けるかどうか、楽観は禁物。主な輸出先アメリカの景気も不透明なら、最近はアラブも揺れている。だとすると、高度成長にわく中国の富裕層が頼みの綱になるのだろうか。

それはともかく、もともとスポーツカーにも高い実用性を求めてきたのがポルシェ。だから「911」にも狭いながらリアシートがあるし、「ケイマン」はミドエンジンなのにハッチバックから大量の荷物を積み込める。かつては「924」、「944」、「928」などFRの実用的なハッチバッククーペもあったし、なんとRRの911を4ドア化した試作車もあった。そんな経験を踏まえれば、4ドア+ハッチバックのパナメーラが生まれたのも当然かもしれない。

簡単に復習しておくと、いかにもポルシェらしいスタイルのボディは全長5m級、全幅1.9m以上とかなり大きめ。フロントに積むエンジンは4.8リッターのV8で、ノンターボが400ps 、ターボ(ツイン)が500ps。変速機は自慢のツインクラッチ7段PDK 。グレードはノンターボの「S」(日本では1374.0万円)、それを4WD化した「4S」(1436.0万円)、「ターボ」(2061.0万円)の3つがある。

エンジンは、水平対向ではなくコンベンショナルなV型8気筒。なお、ハイブリッド版「パナメーラ ハイブリッド」は、2010年にデビュー予定とされる。
エンジンは、水平対向ではなくコンベンショナルなV型8気筒。なお、ハイブリッド版「パナメーラ ハイブリッド」は、2010年にデビュー予定とされる。
シフトレバーの周辺には、サスペンションやスポイラー、シートヒーターなどの操作スイッチがズラリと並ぶ。
シフトレバーの周辺には、サスペンションやスポイラー、シートヒーターなどの操作スイッチがズラリと並ぶ。
【テスト車のオプション装備】
エスプレッソ インテリア=81万7000円/フロアマット=3万2000円/カラークレスト ホイールセンターキャップ=3万円、固定式ラゲッジカバー=2万8千円、ソフトルックレザーシート=6万5000円/チルト・スライド式電動サンルーフ=25万7000円
【テスト車のオプション装備】
エスプレッソ インテリア=81万7000円/フロアマット=3万2000円/カラークレスト ホイールセンターキャップ=3万円、固定式ラゲッジカバー=2万8千円、ソフトルックレザーシート=6万5000円/チルト・スライド式電動サンルーフ=25万7000円
関連記事
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その3) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ポルシェは「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」や、「911 GT3」の最新モデルなどを公開した。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る