第400回:突然ですが「シティ カブリオレ」サイコーっっ!!
 コージ流プチクラシックカーのススメ(その1)

2010.01.19 エッセイ

第400回:突然ですが「シティ カブリオレ」サイコーっっ!! コージ流プチクラシックカーのススメ(その1)

シティは日本のビートルだ!?

突然ですけど、先日「ホンダ・シティ カブリオレ」買いました!
乗り出して以来「なんで?」って良く聞かれるけど、特に理由はなく、単に「いま買ったら面白いかなぁ〜」って思った程度。完璧ヒラメキよ。

ただ、買ってビックリしたのはホントに楽しいことで、これは全く予想外。元々旧車マニアでもないし、最近健康状態がすぐれず、昔を懐かしんで!? なーんてことも全くなく、正直、飽きたらすぐ売るか〜とか考えてたんだけど、マジで楽しい。仕事で他のクルマに乗らなくちゃいけない場合以外は、好んで乗ってます。

良さはいろいろあるけど、まずは“タイムマシン効果”よね。シティが生まれたのは、今から遡ること約30年前の1981年で、要は俺の超青春時代なわけ。当時、衝撃的だった英国バンド、マッドネスの「ホンダホンダホンダ……」ってテレビCMもよかったけど、なによりその画期的トールボーイコンセプトには感動したな。今や軽はもちろんコンパクトカーでもトールスタイルは当たり前だけど、当時は他になく、その実用性とスタイリングを見事両立させたコンセプトは革命的だった。

マジな話、俺は“シティは日本のVWビートルになる”って勝手に思い込んでたもんね(笑)。残念ながら、モデル末期は急速に売れなくなり、2代目は普通のコンパクトになっちゃったけど、今でもこのトールボーイコンセプトは素晴らしかったと思ってる。

スタイルや実用性能はもちろん、漠然と“ニューライフ”があり、楽しげな生活が待ってるような気がした。その昔、スーパーカブが出た頃にアメリカで、“NICEST PEOPLE ON A HONDA”ってコピーが流行ったけど、ホント“ナイス”って感じ。

それはまさに今のホンダ車が忘れたものであり、おそらく乗り心地やハンドリング、いろんな面で技術が追いつかなかっただけなのよ。つまり、出るのが早すぎたという……。その正しさは、今のコンパクトカーのスタイルが証明してると思う。

事実、今改めて見ると、とにかく全長が短くて、現代でもあり得ない他にはない可愛らしさだ。それこそ同じシティの「ターボII」がブルドッグと呼ばれていたように、超キュート。ある種のキテレツ感が見事にユニークさに繋がっててまさに“実寸大チョロQ”。当時のホンダ・デザインはつくづく優れていたと思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』