独BMW、「3シリーズ」2010年モデルを発表

2010.01.19 自動車ニュース

独BMW、「3シリーズ」2010年モデルを発表

独BMWは、「3シリーズ」に一部改良を施し、欧州で発表した。

■前後デザインをリフレッシュ

「BMW3シリーズ」の2010年モデルが欧州で発表された。2010年モデルでは、3シリーズクーペ/カブリオレのエクステリアデザインが変更されるとともに、「335i」に搭載される3リッターターボエンジンが改良を受け、同時にパドルシフトの操作系も見直された。

3シリーズクーペ/カブリオレの外観上の変更箇所は、前後バンパー、ヘッドランプなど。バンパーにはスポーティさを強調した新設計のものが採用され、これに伴い前後のオーバーハングはそれぞれ、29mm、3mmずつ伸ばされた。

ヘッドランプは、トップ部に装飾が施された新デザインが採用されたほか、ポジションランプとウインカーにLEDを用いた「LEDパッケージ」が新たにオプション設定された。テールランプもレンズ内に2本の水平ラインが浮かぶ上がる新デザインとなった。

■3リッターターボエンジンにバルブトロニック採用

パワートレイン系では、335iクーペ/カブリオレに搭載される3リッター直列6気筒ターボエンジンが変更を受けた。従来は、ダブルVANOS+直噴+パラレルツインターボだったのが、2010年モデルではバルブトロニック+直噴+ツインスクロールターボという組み合わせとなった。このエンジンは「535iグランツーリスモ」から採用されたもので、今後「135iクーペ」や「135iカブリオレ」にも搭載されることが発表されている。

新エンジンは、最高出力306hp/5800rpm、最大トルク40.8kgm/1200-5000rpmを発生。出力とトルクのピーク値は変更ないが、最大トルクの発生回転数が100rpm低められた。燃費は、335iクーペが約11.9km/リッター、335iカブリオレは約11.4km/リッター。CO2排出量はそれぞれ196g/km、205g/kmと発表される。

さらに7段DCT(ダブルクラッチトランスミッション)搭載車は、パドルシフトの操作方法も変更された。従来、左右のパドルはシフトアップとダウン、両方の機能を備えていたが、2010年モデルではフェラーリなどと同じように、右側パドルでシフトアップ、左側パドルでシフトダウンの方式に変更された。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
3シリーズ カブリオレ3シリーズ クーペBMW3シリーズ セダン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • BMWコンセプトZ4 2017.8.18 画像・写真 独BMWが、米カリフォルニア州で催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にあわせ、2シーターオープンモデルの「コンセプトZ4」を公開した。新型「Z4」のデザインを示唆するスタディーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
ホームへ戻る