「シトロエンDS3」が国内初披露、日本発売は2010年5月

2010.01.19 自動車ニュース

「シトロエンDS3」が国内初披露、日本発売は2010年5月

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年1月19日、同社が協賛するアートイベント「No Man's Land」会場にて、今年日本に導入される予定の新型車「シトロエンDS3」をお披露目した。

■好みのデザインが選べる

「シトロエンDS3」は、2009年3月のジュネーブショーで「DSインサイド」としてコンセプトモデルを発表し、同年9月のフランクフルトショーでワールドプレミアとなった、シトロエンのプレミアムコンパクトカー。「DS」はDifferent Spiritの頭文字で、文字どおり今までとは違う路線を狙ったシリーズだ。シトロエンの新スローガン「クリエイティブテクノロジー」のシンボルの役目も担う。そして「DS3」は、そのDSシリーズ第1弾を飾るモデルである。

ベースは、すでに欧州で発売されている新型「C3」で、コンパクトカーでありながら多様性をあわせもつ点や、フレンチカーらしさはそのままに、エレガントな内外装にしつらえられたクルマである。
DSシリーズ固有のエンブレムと、ダブルシェブロンと一体化したフロントグリル、バンパー左右に埋め込まれたLED(撮影車両は非装着)などが、フロントセクションの見どころ。途中でとぎれるデザインのBピラーや、宙に浮いたように見えるルーフなど、デザインにはこだわりを感じる。さらに、ボディカラーとルーフ、インテリアカラーなどを個別にチョイスできる「ビークルパーソナライゼーション」も、同車のセールスポイントである。
ディメンションは、全長×全幅×全高=3950×1710×1460mmで、同車のライバルと目される「MINI」よりひとまわり大きい。

日本導入モデルは、1.6リッターNA(120ps)+4ATと1.6リッターターボ+6MTの2グレードとなり、発売は2010年5月が予定される。なお、正式発売を前に、2010年3月には「ローンチパッケージモデル」として特別仕様車を用意、先行受注がスタートするという。価格など詳細は明らかにされていない。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
DS3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • 「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場 2018.2.13 自動車ニュース DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に、50台の限定モデル「パルテノン」が登場。車名の通り、古代ギリシアの古代遺跡、パルテノン神殿をモチーフにしたというボディーカラーが特徴で、ルーフカラーには茶系の「ブラントパーズ」が用いられている。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
ホームへ戻る