「シトロエンDS3」が国内初披露、日本発売は2010年5月

2010.01.19 自動車ニュース

「シトロエンDS3」が国内初披露、日本発売は2010年5月

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年1月19日、同社が協賛するアートイベント「No Man's Land」会場にて、今年日本に導入される予定の新型車「シトロエンDS3」をお披露目した。

■好みのデザインが選べる

「シトロエンDS3」は、2009年3月のジュネーブショーで「DSインサイド」としてコンセプトモデルを発表し、同年9月のフランクフルトショーでワールドプレミアとなった、シトロエンのプレミアムコンパクトカー。「DS」はDifferent Spiritの頭文字で、文字どおり今までとは違う路線を狙ったシリーズだ。シトロエンの新スローガン「クリエイティブテクノロジー」のシンボルの役目も担う。そして「DS3」は、そのDSシリーズ第1弾を飾るモデルである。

ベースは、すでに欧州で発売されている新型「C3」で、コンパクトカーでありながら多様性をあわせもつ点や、フレンチカーらしさはそのままに、エレガントな内外装にしつらえられたクルマである。
DSシリーズ固有のエンブレムと、ダブルシェブロンと一体化したフロントグリル、バンパー左右に埋め込まれたLED(撮影車両は非装着)などが、フロントセクションの見どころ。途中でとぎれるデザインのBピラーや、宙に浮いたように見えるルーフなど、デザインにはこだわりを感じる。さらに、ボディカラーとルーフ、インテリアカラーなどを個別にチョイスできる「ビークルパーソナライゼーション」も、同車のセールスポイントである。
ディメンションは、全長×全幅×全高=3950×1710×1460mmで、同車のライバルと目される「MINI」よりひとまわり大きい。

日本導入モデルは、1.6リッターNA(120ps)+4ATと1.6リッターターボ+6MTの2グレードとなり、発売は2010年5月が予定される。なお、正式発売を前に、2010年3月には「ローンチパッケージモデル」として特別仕様車を用意、先行受注がスタートするという。価格など詳細は明らかにされていない。

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る