「シトロエンDS3」が国内初披露、日本発売は2010年5月

2010.01.19 自動車ニュース

「シトロエンDS3」が国内初披露、日本発売は2010年5月

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年1月19日、同社が協賛するアートイベント「No Man's Land」会場にて、今年日本に導入される予定の新型車「シトロエンDS3」をお披露目した。

■好みのデザインが選べる

「シトロエンDS3」は、2009年3月のジュネーブショーで「DSインサイド」としてコンセプトモデルを発表し、同年9月のフランクフルトショーでワールドプレミアとなった、シトロエンのプレミアムコンパクトカー。「DS」はDifferent Spiritの頭文字で、文字どおり今までとは違う路線を狙ったシリーズだ。シトロエンの新スローガン「クリエイティブテクノロジー」のシンボルの役目も担う。そして「DS3」は、そのDSシリーズ第1弾を飾るモデルである。

ベースは、すでに欧州で発売されている新型「C3」で、コンパクトカーでありながら多様性をあわせもつ点や、フレンチカーらしさはそのままに、エレガントな内外装にしつらえられたクルマである。
DSシリーズ固有のエンブレムと、ダブルシェブロンと一体化したフロントグリル、バンパー左右に埋め込まれたLED(撮影車両は非装着)などが、フロントセクションの見どころ。途中でとぎれるデザインのBピラーや、宙に浮いたように見えるルーフなど、デザインにはこだわりを感じる。さらに、ボディカラーとルーフ、インテリアカラーなどを個別にチョイスできる「ビークルパーソナライゼーション」も、同車のセールスポイントである。
ディメンションは、全長×全幅×全高=3950×1710×1460mmで、同車のライバルと目される「MINI」よりひとまわり大きい。

日本導入モデルは、1.6リッターNA(120ps)+4ATと1.6リッターターボ+6MTの2グレードとなり、発売は2010年5月が予定される。なお、正式発売を前に、2010年3月には「ローンチパッケージモデル」として特別仕様車を用意、先行受注がスタートするという。価格など詳細は明らかにされていない。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
DS3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT) 2013.11.19 試乗記 個性的なスタイリングと活発な走りで、ユニークな存在感を放っている「シトロエンDS3」。空を味方につけて、その魅力はどう変わったのだろうか。真っ赤な「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」で秋の箱根を行く。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る