クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1535mm/ホイールベース=2400mm/車重=760kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)/価格=102万9000円(テスト車=同じ)

スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】

軽くてエコな軽ライフ 2010.01.19 試乗記 スズキ・アルトX (FF/CVT)
……102万9000円
5年ぶりにフルモデルチェンジした「スズキ・アルト」。より親しみやすいデザインに生まれ変わった新型の走りを試す。

第一印象は上々

スズキの公式サイトを覗いていたら、車名の由来を記したページが見つかった。それによると、「アルト(ALTO)」はイタリア語で“秀でた”“優れた”を意味することがわかる。1979年に初代アルトがデビューしたときには、47万円という低価格が優れた経済性を印象づけたが、7代目のアルトは、果たしてどうだろうか?

期待を胸に臨んだ試乗会で、新型アルトは裏切らなかった。軽自動車らしい高いコストパフォーマンスに加えて、燃費や走行性能のうえでも、一歩“秀でた”クルマに仕上がっていたのだ。

試乗会場で初めて見た実物は、優しいデザインが印象的。どちらかといえば無機的だった先代から一転し、新型のエクステリアは丸みを帯びたフォルムが親しみを感じさせる。インテリアも、シンプルで一体感のあるデザインがとても心地良く、私はこのクルマがいっぺんに好きになった。


スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大
先代と比べると、スッキリとして優しいイメージの内装。助手席正面には新しくインパネトレーが備わる。テスト車には運転席用のドリンクホルダーも装備されていた。
先代と比べると、スッキリとして優しいイメージの内装。助手席正面には新しくインパネトレーが備わる。テスト車には運転席用のドリンクホルダーも装備されていた。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

走りも気持ちいい

試乗したのは、イメージカラーの“エアブルーメタリック”をまとう、最上級グレードの「X」。そのFF仕様は、新型アルトのなかで一番の低燃費(24.5km/リッター)を誇るだけに、個人的にも興味を持っていた。運転席に陣取り、ポジションを調整する。シートリフターやチルトステアリングがあるので、身体にあったポジションが得られるのはうれしい。運転席からの眺めはわりと開放的。ダッシュボードが水平基調のデザインを採用するからだろう、実際のサイズ以上に広く見えるのもいい。

さっそく走り出すと、力強いとはいえないまでも、出足の加速に不満はない。自然吸気の660ccエンジンは、最高出力54ps、最大トルクが6.4kgmと絶対的な数字こそ控えめだが、760kgの軽量ボディには十分な性能である。

組み合わされるCVTは、すでに「パレット」などにも搭載される副変速機付きのタイプ。ハイ、ロー、2段のギアの切り替えはクルマまかせで、いつ切り替わったのかわからないが、動きがスムーズなことは確かだ。
従来の3ATはいうまでもなく、現行の4ATに比べても広がったギア比のおかげで、スピードが上がってからもエンジン回転が抑えられ、室内が騒々しくならないのも好ましい。急な加速が必要な場合などには、やや物足りないなぁと思ったが、シフトレバー横のスイッチを押し、スポーツモードに切り替えると、エンジンが高回転に保たれ、物足りなさはほぼ解消された。

まだ走行距離が少ないためか足まわりに少し硬さが残るものの、比較的落ち着いた乗り味には好感が持てる。電動パワステも自然な感触だ。街なかの試乗ということで、ハンドリングを語ることはできないが、一方、狭い道での取り回しや駐車などの場面では、さすが軽! と思わず膝を打つほど扱いやすい。

運転席は、高さを調節できるシートリフターが装備され、「G」「X」の4WD車には、シートヒーターが標準で備わる。
運転席は、高さを調節できるシートリフターが装備され、「G」「X」の4WD車には、シートヒーターが標準で備わる。 拡大

スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大

スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大
リアシートは、「X」グレードのみ分割可倒式でヘッドレストも備わる。
スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】

エコロジーかつエコノミー

とびきりコンパクトなボディにもかかわらず、リアシートのスペースは十分広く、やさしい感触のシートも後席の印象を良くしている。さすがにラゲッジスペースは限られるが、それでも小型のベビーカーは収まるというし、後席に荷物を置いたり、後席を倒して荷室を広げることもできるから、4名フル乗車でなければそう困ることもないだろう。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】

たまたまこの日は雨の試乗になったが、リアホイールハウスから聞こえてくるスプラッシュ音が大きめなのと、FFモデルにはリアワイパーが装備されないことは、やや気になった。他に気になるといえば、チルトステアリングやシートリフター、分割可倒式リアシート、リアシートのヘッドレストといった装備が、最上級モデルのXだけにしか用意されないこと。そうなると、少なくとも私の場合はこのX以外に選択肢は見あたらない。ついでにいうと、FFモデルにも運転席シートヒーターを設定してほしい……。

スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】

そんな注文を並べたのは、新型アルトのデザインや基本性能の良さに好感を抱き、これならほしいと思ったからだ。少人数の移動であれば、気持ちよく、しかも効率的に使えるアルト。世間はハイブリッド車とエコカー減税ばかりに目がいっているが、小ささ、軽さを生かした軽自動車なら、大枚をはたくことなく、エコロジーかつエコノミーなカーライフが手にはいるわけで、せっかく日本に住んでいるなら、その恩恵を見逃す手はない。それで気持ちよく走れるのだから、いうことはないだろう。

(文=生方聡/写真=峰昌宏)

関連キーワード:
アルトスズキ試乗記

あなたにおすすめの記事