【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1535mm/ホイールベース=2400mm/車重=760kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)/価格=102万9000円(テスト車=同じ)

スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】

軽くてエコな軽ライフ 2010.01.19 試乗記 スズキ・アルトX (FF/CVT)
……102万9000円
5年ぶりにフルモデルチェンジした「スズキ・アルト」。より親しみやすいデザインに生まれ変わった新型の走りを試す。

第一印象は上々

スズキの公式サイトを覗いていたら、車名の由来を記したページが見つかった。それによると、「アルト(ALTO)」はイタリア語で“秀でた”“優れた”を意味することがわかる。1979年に初代アルトがデビューしたときには、47万円という低価格が優れた経済性を印象づけたが、7代目のアルトは、果たしてどうだろうか?

期待を胸に臨んだ試乗会で、新型アルトは裏切らなかった。軽自動車らしい高いコストパフォーマンスに加えて、燃費や走行性能のうえでも、一歩“秀でた”クルマに仕上がっていたのだ。

試乗会場で初めて見た実物は、優しいデザインが印象的。どちらかといえば無機的だった先代から一転し、新型のエクステリアは丸みを帯びたフォルムが親しみを感じさせる。インテリアも、シンプルで一体感のあるデザインがとても心地良く、私はこのクルマがいっぺんに好きになった。


スズキ・アルトX (FF/CVT)【試乗速報】の画像
先代と比べると、スッキリとして優しいイメージの内装。助手席正面には新しくインパネトレーが備わる。テスト車には運転席用のドリンクホルダーも装備されていた。
先代と比べると、スッキリとして優しいイメージの内装。助手席正面には新しくインパネトレーが備わる。テスト車には運転席用のドリンクホルダーも装備されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る