第37回:おんぼろゴルフで新車に勝つ古典的な方法とは?
『キック・オーバー』

2012.10.10 エッセイ

第37回:おんぼろゴルフで新車に勝つ古典的な方法とは?『キック・オーバー』

フェンスにクルマで体当たり!

「マーキュリー・グランドマーキー」が砂漠を爆走し、SUVのパトカー数台が後を追う。車内には、ピエロの面をかぶった男が2人。彼らは現金200万ドルを盗んで逃走中なのだ。行く手にはフェンスが立ちふさがるが、その向こうはメキシコ。アメリカの法は及ばない。クルマで体当たりしてフェンスを突き破り、めでたく自由の身……とはいかず、そこにはメキシコ警察が待ち構えていた。あえなく御用となり、 “ドライバー”と自称する犯人は刑務所送りとなる。

オープニングから、この映画が典型的な痛快アクションものであるというサインがわかりやすく出てくる。実際、格闘あり、ガンファイトありのエンターテインメントだ。プロデューサーを務めながら主演もこなすのは、メル・ギブソンである。ワイルドで強い男が暴れまくるという、彼のイメージを一切裏切ることのない映画なのだ。

メル・ギブソンの出世作といえば、オーストラリアの低予算映画『マッドマックス』だ。以前紹介した『ベルフラワー』で、主人公が憧れた、暴力が支配する荒涼たる世界を描いた作品である。名声を得てハリウッドに移り、『リーサル・ウェポン』でまたヒットを飛ばした。LA警察の刑事2人が犯罪組織に立ち向かうバディムービーで、やたらに派手な銃撃戦や爆発シーンが多かった。シリーズ化されたこの二つの作品で、メル・ギブソンのキャラクターは定まってしまった感がある。粗野で乱暴、そしてマッチョでタフな男だ。

(C) 2011 ICON FILMS, INC.
第37回:おんぼろゴルフで新車に勝つ古典的な方法とは? − 『キック・オーバー』

第37回:おんぼろゴルフで新車に勝つ古典的な方法とは? − 『キック・オーバー』
第37回:おんぼろゴルフで新車に勝つ古典的な方法とは? − 『キック・オーバー』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。