スズキ・アルト ラパンに特別仕様車 燃費向上も

2012.10.10 自動車ニュース

「スズキ・アルト ラパン」に特別仕様車 燃費向上も

スズキは2012年10月10日、軽乗用車「アルト ラパン」に特別仕様車「Xセレクション」を設定。あわせて、自然吸気モデル(FF車)の装備・仕様を変更し、発売した。

「スズキ・アルト ラパン」の「Xセレクション」は、自然吸気エンジンを搭載する上級グレード「X」をベースとする特別仕様車。エクステリアはめっきのグリルやドアハンドルでドレスアップ。インテリアにも薄茶色を基調としたインストゥルメントパネルや黒い専用シート表皮、ピアノブラックの加飾などが与えられ、エレガントな雰囲気が演出される。

主な特別装備は、以下のとおり。

【エクステリア】
・プレミアムUVカットガラス(フロントドアガラス)
・フロントめっきグリル
・めっきドアハンドル
・特別設定のボディーカラー「ミステリアスバイオレットパール」「アーバンブラウンパールメタリック」(ボディーカラーは他5色を含む全7色を用意)

【インテリア】
・運転席シートヒーター(FF車のみ。4WD車は標準)
・抗アレルゲン+カテキンエアフィルター付きフルオートエアコン
・ブラウンオーナメント付き本革巻きステアリングホイール
・専用色インサイドドアハンドルガーニッシュ
・めっきインサイドドアハンドル
・黒色の専用ファブリックシート表皮
・専用ドアトリムクロス
・オーディオガーニッシュ
・めっき調エアコンルーバーリング
・専用フロアマット

価格は、FF車が127万2600円で、4WD車が135万3450円。

また、今回の特別仕様車「Xセレクション」および「X」「G」の各FF車にはアイドリングストップ機能とヒルホールド機能が与えられ、燃費(JC08モード)は23.2km/リッターから26.0km/リッターに向上した。

(webCG)

「スズキ・アルト ラパンXセレクション」(写真のボディーカラーは「ミステリアスバイオレットパール」)
「スズキ・アルト ラパンXセレクション」(写真のボディーカラーは「ミステリアスバイオレットパール」)
こちらは「アーバンブラウンパールメタリック」のもの。
こちらは「アーバンブラウンパールメタリック」のもの。
「Xセレクション」のインテリア。
「Xセレクション」のインテリア。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
ホームへ戻る