第125回:「フォード・フィエスタ」が「フィアット・グランデプント」打倒そして高級車撃沈。伊仏市場は乱世でござる!

2010.01.16 エッセイ

第125回:「フォード・フィエスタ」が「フィアット・グランデプント」打倒そして高級車撃沈。伊仏市場は乱世でござる!

「トヨタ・プリウス」を表紙にした『クアトロルオーテ』2009年9月号。
第125回:「フォード・フィエスタ」が「フィアット・グランデプント」打倒&高級車撃沈。伊仏市場は乱世でござる!

ヨーロッパで日本車といえば

昨今イタリアやフランスの自動車誌で採り上げられる日本車といえば、一時の「SUV」「ハイブリッド車」である。
イタリアを代表する自動車誌「クアトロルオーテ」は、2009年9月号でなんと14ページにわたって、3代目「トヨタ・プリウス」の詳細記事を掲載している。表紙も飾っている。キャッチは、モスカ・ビアンカ=白いハエである。イタリアで「なかなか現れない秀逸な人やモノ」に使われる言い回しだ。ページ数もさることながら、イタリアでは極めて珍車である初代のオーナー訪問や、編集部所有サーキットでのフルテストなど、内容にも気合が入っている。

いっぽうで、ハイブリッドに押され気味ではあるが、日本市場で販売ランキングの半数近くを占める軽自動車を紹介するメディアは少ない。軽をベースにした欧州仕様が少ないので仕方ないが、日本車に関する報道というのは、そういったところに留まっている。ジャパニーズ軽ならではの、あっと驚くコストダウン技術や、メルセデスもビックリの各種装備は、充分取材に値すると思うのだが。

同様に残念なのは、日本の自動車誌におけるヨーロッパ車報道はハード中心で、なかなか今の欧州の姿が伝わってくるものが少ないことである。それをなんとかしようと勝手に鼻息を荒くしたボクは昨年、本欄でビデオ「捨て身の調査員」シリーズを敢行した。

だが、もうひとつ手っ取り早くあぶり出す方法に、最新の統計がある。数字を眺めているだけでかなり面白いので、それをネタに人々に意見を聞いたりしているのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。