トヨタ:8台のコンセプトカーを出展 新ブランド立ち上げも【東京オートサロン2010】

2010.01.15 自動車ニュース
今年のトヨタブースは、GAZOO Racingの名を前面に出し、展示が行われた。
トヨタ:3つのコンセプトカーを出展 新ブランド立ち上げも【東京オートサロン2010】

【東京オートサロン2010】トヨタ:8台のコンセプトカーを出展 新ブランド立ち上げも

トヨタ自動車は、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2010 with NAPAC」に、「GAZOO Racingプロジェクト」から生まれたコンセプトカーなど19台を出展した。

ハイブリッドユニットをミドに積む「GRMN スポーツハイブリッドコンセプト」。誰にでも安全に扱えるよう、駆動方式はMRではなく4WDとされた。
ハイブリッドユニットをミドに積む「GRMN スポーツハイブリッドコンセプト」。誰にでも安全に扱えるよう、駆動方式はMRではなく4WDとされた。
時にテストドライバーとして車両開発にも関与してきた、トヨタ自動車の豊田章男社長。今後、「GRMN」や「G's」の活動を通じて、ユーザーのニーズを形にしていきたいとのこと。
時にテストドライバーとして車両開発にも関与してきた、トヨタ自動車の豊田章男社長。今後、「GRMN」や「G's」の活動を通じて、ユーザーのニーズを形にしていきたいとのこと。

■こんなお味はいかが?

「GAZOO Racing」は、トヨタが展開している、クルマ好きの輪を広げるためのプロジェクト。2009年には、サーキットで走りの“味”を追求したというコンプリートカー「iQ GAZOO Racing tuned by MN(GRMN)」を発売するなど、活動の幅を広げており、2010年の幕開けとなるオートサロンには3台のコンセプトカーを出展した。

そのひとつ目は、「GRMN スポーツハイブリッドコンセプト」。ハイブリッドのパワーユニットをミドに搭載するオープンスポーツカーで、「エコロジーと走る楽しさの両立」を狙いとする。

いっぽう、「手ごろな価格でFR車の走りが楽しめないか?」という思いから生まれたというのが、「GRMN FRホットハッチコンセプト」。こちらは、欧州で販売されているFFのコンパクトカー「アイゴ」をベースに、「ラッシュ」などに搭載される1.5リッターエンジン(3SZ-VE)を縦置きし、駆動方式をFRとしたモデルだ。
さらに、コンプリートカー「iQ GRMN」にスーパーチャージャーを組み込み、出力を20%アップしたホットハッチ「iQ GRMN+スーパーチャージャーコンセプト」も並べられ、ブースに彩りを添えた。

「FT-86 G Sports Concept」
「FT-86 G Sports Concept」
「プリウス G Sports Concept」は、リアホイールを覆い隠すエアロフォルムが特徴。由良拓也率いる「ムーンクラフト」からの提案で製作された。
「プリウス G Sports Concept」は、リアホイールを覆い隠すエアロフォルムが特徴。由良拓也率いる「ムーンクラフト」からの提案で製作された。
こちらは、「FRのスポーツセダン」を標榜する「マークX G Sports Concept」。
こちらは、「FRのスポーツセダン」を標榜する「マークX G Sports Concept」。

■新ブランド「G SPORTS」登場

年々クルマの“味づくり”に精を出すトヨタは2010年、その成果をより多くのユーザーに広めるべく、GRMNとは別のブランド展開も行うことが発表された。

すなわち、専用の内外装パーツやスポーツサスペンションを組み込んだスポーツコンバージョン車の「G SPORTS」、通称「G's(ジーズ)」ブランドで、今年半ばには、実際に車両の販売が始まるとのこと。オートサロンのトヨタブースには、さっそく「FT-86」「ノア/ヴォクシー」「プリウス」の“G Sports Concept”が姿を見せ、来場者の注目を集めた。

この2010年1月から社内に「スポーツ車両統括部」を新設したというトヨタ。プレスカンファレンスでも、豊田章男社長の口からは「今後は、ユーザーがモータースポーツを気軽に楽しめるような商品の開発に力を入れたい」というコメントが飛び出すなど、今後の動きが気になるところである。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。