日産:パドックから眺める「GT-R」は格別【東京オートサロン2010】

2010.01.15 自動車ニュース

【東京オートサロン2010】日産:パドックから眺める「GT-R」は格別

日産、オーテックジャパン、およびニスモが出展する日産ブースは、レース時に使われるトランスポーター2台が持ち込まれるなど、パドックのような雰囲気に包まれている。

■サーキット“スペシャル”な「GT-R」

レーシングカーからミニバンまで、さまざまなモデルが展示される日産ブース。そのなかにあって、強い存在感を示していたのが「NISMOクラブスポーツパッケージ」を装着した「GT-R」だ。サーキット走行を楽しむために、サスペンションをはじめ、タイヤ&ホイール、カーボンバケットシート、チタンエグゾーストシステムなどをパッケージ化したこのキットは、すでに2008年8月から販売されているものだが、今回の展示ではベース車両として2010年モデルが用いられたことに加え、近日発売予定の「NISMOデータロガーキット」が組み込まれたのがミソ。これを使えば、走行データをUSB経由でPCにダウンロードし、ドライビングスタイルの解析が可能になる。このNISMOデータロガーキットは2010年モデルの「GT-R」に対応。スポーツドライビングの愛好者には、ドライビングテクニックを磨くうえで、力強い味方となるに違いない。

GT-Rの背後には、ピットさながらの雰囲気のもと、2008年にSUPER GTでドライバーズチャンピオンを獲得した「XANAVI NISMO GT-R」が展示されている。子供と女性に限り、レーシングカーへの乗り込み体験も可能である。また、このマシンのミニカーが数量限定(996個)で販売されるから、入手希望の方は早めに足を運んだほうがいいだろう。

このほかにも、2010年1月6日にマイナーチェンジした「スカイライン/スカイラインクーペ」(スポーティパッケージ装着車)や、オーテックが手がけるライダーシリーズなど、スポーティさがあふれる日産ブースである。

(文=生方聡)


日産:パドックから眺める「GT-R」は格別【東京オートサロン2010】の画像
「GT-R NISMOクラブスポーツパッケージ装着車」
「GT-R NISMOクラブスポーツパッケージ装着車」
NISMO開発グループの岡村潤平GMと、NISMOオプションパーツ開発ドライバーである影山正美氏による、トークショーも行われた。
NISMO開発グループの岡村潤平GMと、NISMOオプションパーツ開発ドライバーである影山正美氏による、トークショーも行われた。
「XANAVI NISMO GT-R」の体験乗車は小学生以下限定。
「XANAVI NISMO GT-R」の体験乗車は小学生以下限定。

関連キーワード:
GT-R日産東京オートサロン2010イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
ホームへ戻る