アバルト:2台の“エッセエッセ”を展示【東京オートサロン2010】

2010.01.15 自動車ニュース

【東京オートサロン2010】アバルト:2台の“エッセエッセ”を展示

フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンは、2009年に引き続き2010年も東京オートサロンにアバルトブースを出展し、2台の“エッセエッセ”を展示した。

■アバルトをさらにスポーティに

東京オートサロンに、今年もアバルトブースが登場した。一般公開にさきがけて行われたプレスコンファレンスでは、フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長が登場。不況にもかかわらず、2009年のフィアットおよびアルファロメオの販売が前年を上回り、輸入車市場におけるシェアが45%増加したことや、2009年4月に導入開始したアバルトがその後9カ月で518台の販売を記録したことを報告。「アバルトは、ようやく供給が需要に追いつき始めてきた」ということで、2年目の今年はさらなる販売台数が期待される。

そんな勢いあふれるアバルトブースでは、昨年デビューした「アバルト グランデプント エッセエッセ」と、エッセエッセキットを装着した「アバルト500」の2台が展示されている。アバルト グランデプント エッセエッセは、アバルトが手がけるコンプリートカーで、アバルト グランデプントをベースに、エンジンコンピューターのチューンや大型ターボなどを採用することにより、ベースモデルに比べて最高出力で25ps、最大トルクで4.1kgm上回る180psと27.5kgmを発生する。加えて、サスペンションやブレーキなどにも手が入れられ、ベースモデル以上にエキサイティングな性能を手に入れた。

一方、アバルト500は、アバルト グランデプント エッセエッセ同様のチューニング内容がキットとして提供されており、これをアバルト正規ディーラーで組み込むことで、さらにスポーティなアバルト500ができあがる。

さらにブースでは、アクセサリーとして用意される「アバルトコルサシート」やアバルトブランドのエキゾーストシステムなどが展示されている。

ブース面積こそ日本の自動車メーカーには及ばないものの、明るい色づかいで来場者の視線を奪うアバルトブース。華やかな雰囲気を楽しむだけでも、足を運ぶ価値は十分にある。

(文=生方聡)

「アバルト500 エッセエッセキット装着車」
「アバルト500 エッセエッセキット装着車」
フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長による挨拶。
フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長による挨拶。
「アバルト グランデプント エッセエッセ」
「アバルト グランデプント エッセエッセ」

アバルト:2台の“エッセエッセ”を展示【東京オートサロン2010】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
ホームへ戻る