アバルト:2台の“エッセエッセ”を展示【東京オートサロン2010】

2010.01.15 自動車ニュース

【東京オートサロン2010】アバルト:2台の“エッセエッセ”を展示

フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンは、2009年に引き続き2010年も東京オートサロンにアバルトブースを出展し、2台の“エッセエッセ”を展示した。

■アバルトをさらにスポーティに

東京オートサロンに、今年もアバルトブースが登場した。一般公開にさきがけて行われたプレスコンファレンスでは、フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長が登場。不況にもかかわらず、2009年のフィアットおよびアルファロメオの販売が前年を上回り、輸入車市場におけるシェアが45%増加したことや、2009年4月に導入開始したアバルトがその後9カ月で518台の販売を記録したことを報告。「アバルトは、ようやく供給が需要に追いつき始めてきた」ということで、2年目の今年はさらなる販売台数が期待される。

そんな勢いあふれるアバルトブースでは、昨年デビューした「アバルト グランデプント エッセエッセ」と、エッセエッセキットを装着した「アバルト500」の2台が展示されている。アバルト グランデプント エッセエッセは、アバルトが手がけるコンプリートカーで、アバルト グランデプントをベースに、エンジンコンピューターのチューンや大型ターボなどを採用することにより、ベースモデルに比べて最高出力で25ps、最大トルクで4.1kgm上回る180psと27.5kgmを発生する。加えて、サスペンションやブレーキなどにも手が入れられ、ベースモデル以上にエキサイティングな性能を手に入れた。

一方、アバルト500は、アバルト グランデプント エッセエッセ同様のチューニング内容がキットとして提供されており、これをアバルト正規ディーラーで組み込むことで、さらにスポーティなアバルト500ができあがる。

さらにブースでは、アクセサリーとして用意される「アバルトコルサシート」やアバルトブランドのエキゾーストシステムなどが展示されている。

ブース面積こそ日本の自動車メーカーには及ばないものの、明るい色づかいで来場者の視線を奪うアバルトブース。華やかな雰囲気を楽しむだけでも、足を運ぶ価値は十分にある。

(文=生方聡)

「アバルト500 エッセエッセキット装着車」
「アバルト500 エッセエッセキット装着車」
フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長による挨拶。
フィアット・グループ・オートモビルズ・ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長による挨拶。
「アバルト グランデプント エッセエッセ」
「アバルト グランデプント エッセエッセ」

アバルト:2台の“エッセエッセ”を展示【東京オートサロン2010】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
ホームへ戻る