第266回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(後編)−「ベルばら警官」との再会

2012.10.12 エッセイ

第266回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(後編)「ベルばら警官」との再会

「パリモーターショー2012」の会場から。フォルクスワーゲングループの各ブランドが入る4号パビリオン。
第265回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(後編)−「ベルばら警官」との再会
プジョーの新興国戦略車「301」。
第265回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(後編)−「ベルばら警官」との再会
無料ラックに入っていた新聞・雑誌各1種。右の『TASTE LIFE』は中国語の立派な雑誌であった。
第265回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(後編)−「ベルばら警官」との再会

パリなのに話題は新興国

(前編からのつづき)
2年ぶりのパリモーターショー会場でいきなり気づかされたもの、それはメーカー各社による新興国への前回にも増したアプローチである。プレスブリーフィングで地元ヨーロッパ市場での実績を強調するメーカーは少なく、多くは世界市場での生産・販売台数を好んで採り上げた。
例えばシトロエンは「DSシリーズ」が中国で成功し、南米がそれに続くことを強調。ベースのラインである「Cシリーズ」も、中国、ロシアでの好調を伝えた。なぜなら、そうした新興国市場での成功を盛り込まないと、誇らしい数字をはじきだせないからである。
欧州市場について言えば、PSAプジョー・シトロエンは会期中に、発売から半年しかたっていない「プジョー208」の減産を決めた。こんな状況なのだから仕方ない。

新型車も新興国向けが目立った。プジョーが発表した「301」は、アルジェリア、トルコ、ロシア、中国といった、3ボックスカー需要が高い地域に向けて送り出す新型セダンである。同じくプジョーが展示したコンセプトカー「2008」は、欧州はもとより、中国、南米も視野に入れたプチクロスオーバーの予告であると紹介された。

そもそも、会場のムードからして新興国シフトだった。報道関係者公開日における同時通訳用イヤホンには中国語チャンネルが用意されているのが当たり前となった。プジョーに至っては、チャンネルが英語と中国語の二カ国語に絞られていた。中国語対応の増加は、かねてからイタリア語の報道資料が各国のショーから徐々に消えてしまったのと対照的である。気がつけば、会場脇に置かれたモーターショー特集の雑誌も、ひとつは中国語だった。

シトロエンのブースに戻ってみると、2012年北京ショーで発表済みのコンセプトカー「Numero 9」の横に東洋系男性モデルが立っていた。しばらくすると彼が休憩に入ったので、代わりにまねをしてターンテーブルに立ってみようかと思いたったが、大統領もやってくる会場で無用な諍(いさか)いを起こすといけないのでやめておいた。

シトロエンが2012年北京ショーで発表済みのコンセプトカー「Numero 9」の姿も。
第265回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(後編)−「ベルばら警官」との再会
ひとやすみ。ダチアのブースにて。ローコストカーらしいエコな企画といえる。
第265回:大矢アキオの「喜びも悲しみもパリサロン」(後編)−「ベルばら警官」との再会

前編でお伝えした「フォルクスワーゲングループナイト」で、やはり新興国での市場拡大を目指すシュコダが発表したデータによると、2011年から2016年におけるハイエンド車種の購買力伸長予想は、ブラジル+59%、ロシア+76%、インド+114%、中国+106%という。もはやメーカーのプレゼンテーションも、ショー会場ムードも、新興国抜きにしては語れないことは、この数字をみてもわかる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。