【スペック】全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1750kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ(231ps/4800rpm、34.7kgm/1700-4800rpm)/価格=449.0万円(テスト車=474.0万円/レザーパッケージ=25.0万円)

ボルボV70ノルディック(FF/6AT)【試乗記】

“安全性”の意味 2010.01.14 試乗記 ボルボV70ノルディック(FF/6AT)
……474.0万円

「ボルボV70」に450万円を切る新しいエントリーグレード「ノルディック」が追加された。リポーターは、ある出来事によって、装備だけじゃないボルボの安全性を体感することができたという。

安全性そのままにプライスダウン

先日試乗記をお届けした「プジョー207」とは少し内容が違うけれど、ボルボを代表するワゴン「V70」も、昨今の経済状況を前にプライスダウンを実施した。
2010年モデルへの切り替えに際し、これまでのエントリーグレード「2.5T LE」(499万円)と同じ2.5リッター直列5気筒ターボエンジンを積みながら、50万円も安い449万円のグレードを「ノルディック」の名前で追加したのである。

逆に3.2リッター直列6気筒自然吸気エンジンを積む中間グレード「3.2SE(FF/4WD)」は消滅し、ノルディックとLE以外は3リッター6気筒ツインターボ4WDのトップグレード「T-6TE AWD」(699万円)だけになった。3ドアMT車をカタログから落とした207に負けず劣らず、割り切ったラインナップである。

「ノルディック」はベーシックモデルといっても、ボルボのアイデンティティである安全性は他のグレードと同じだし、キセノンヘッドランプや運転席パワーシートが標準でつき、HDDカーナビも取り付け工賃のみユーザー負担という形で無償提供されるなど、装備は充実している。
全長×全幅×全高=4825×1890×1545mmというボディサイズは、ドイツのプレミアムブランドでは「メルセデス・ベンツEクラス」や「BMW5シリーズ」「アウディA6」に匹敵する。それが200万円以上安い価格で手に入るのだからお買い得だ。

ただし個人的に、V70の2.5リッターターボは体験ずみ。だから多大な期待を抱かずに試乗に臨もうとしていたのだが、直前に起こったある出来事によって、「V70ノルディック」は一生思い出に残るクルマになってしまった。

2010年モデルはステアリングホイールのデザインも一新された。また、「ノルディック」には、最新の安全技術をパッケージにした「セーフティパッケージ」(25万円)を採用。追突軽減オートブレーキシステムや、ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)/車間警機能、ドライバー・アラート・コントロール/レーン・ディパーチャー・ウォーニング、BLIS(ブラインドスポット・インフォメーションシステム)などが装備される。
2010年モデルはステアリングホイールのデザインも一新された。また、「ノルディック」には、最新の安全技術をパッケージにした「セーフティパッケージ」(25万円)を採用。追突軽減オートブレーキシステムや、ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)/車間警機能、ドライバー・アラート・コントロール/レーン・ディパーチャー・ウォーニング、BLIS(ブラインドスポット・インフォメーションシステム)などが装備される。

ボルボV70ノルディック(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る