「フォルクスワーゲン・ゴルフ」シリーズにエコカー減税対象車

2010.01.14 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」シリーズにエコカー減税対象車

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」の一部モデルの仕様を変更し、エコカー減税の対象車としたうえで、2010年2月5日に発売する。

■輸入ガソリン車初の75%減税車

今回エコカー減税の対象になったのは、1.4リッター“TSIシングルチャージャー”、すなわち直噴ガソリンターボを搭載する「ゴルフTSIコンフォートライン」と「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン」の2モデル。このふたつのモデルは、いずれも従来から平成22年度燃費基準(+25%)を満たしており、新車登録から13年以上経過したクルマを廃車にする買い換えの場合に25万円の購入補助が受けられたが、平成17年排出ガス基準75%低減レベル(いわゆる4つ星)をクリアしていないことから、自動車取得税や自動車重量税の減額対象とはならなかった。

そこで、フォルクスワーゲンは、日本向けにパワートレインを改良し、4つ星をクリアする性能を実現。これにより、自動車取得税と自動車重量税の75%減額対象車となり、翌年度の自動車税も50%減免されることとなった。輸入ガソリン車として、75%減税が適用されるのはこれが初めて。また、車齢13年以上の廃車が伴わない買い換え、または新規購入時でも10万円の購入補助が適用される。

具体的な減税額は、ゴルフTSIコンフォートラインの場合で、14万9300円、ゴルフヴァリアントTSIトレンドラインでは14万8300円。さらに、どちらも25万円ないし10万円の購入補助金が受けられる。

なお、この変更に伴い、価格はそれぞれ3万円アップし、ゴルフTSIコンフォートラインが278万円、ゴルフヴァリアントTSIトレンドラインは275万円に改訂された。また、10・15モード燃費はどちらも16.8km/リッターから16.4km/リッターへと、わずかながら下がっている。それでもなお、クラストップクラスの低燃費を誇ることに変わりはなく、さらに今回のエコカー減税が加わって、輸入車におけるゴルフシリーズの人気は、さらに確かなものとなりそうだ。なお、ふたつのモデルの販売は、2月5日より開始される。

(文=生方聡)

「ゴルフTSIコンフォートライン」
「ゴルフTSIコンフォートライン」
「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン」
「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン」
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」シリーズにエコカー減税対象車の画像

関連キーワード:
ゴルフゴルフヴァリアントフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る