「フォルクスワーゲン・ゴルフ」シリーズにエコカー減税対象車

2010.01.14 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」シリーズにエコカー減税対象車

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」の一部モデルの仕様を変更し、エコカー減税の対象車としたうえで、2010年2月5日に発売する。

■輸入ガソリン車初の75%減税車

今回エコカー減税の対象になったのは、1.4リッター“TSIシングルチャージャー”、すなわち直噴ガソリンターボを搭載する「ゴルフTSIコンフォートライン」と「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン」の2モデル。このふたつのモデルは、いずれも従来から平成22年度燃費基準(+25%)を満たしており、新車登録から13年以上経過したクルマを廃車にする買い換えの場合に25万円の購入補助が受けられたが、平成17年排出ガス基準75%低減レベル(いわゆる4つ星)をクリアしていないことから、自動車取得税や自動車重量税の減額対象とはならなかった。

そこで、フォルクスワーゲンは、日本向けにパワートレインを改良し、4つ星をクリアする性能を実現。これにより、自動車取得税と自動車重量税の75%減額対象車となり、翌年度の自動車税も50%減免されることとなった。輸入ガソリン車として、75%減税が適用されるのはこれが初めて。また、車齢13年以上の廃車が伴わない買い換え、または新規購入時でも10万円の購入補助が適用される。

具体的な減税額は、ゴルフTSIコンフォートラインの場合で、14万9300円、ゴルフヴァリアントTSIトレンドラインでは14万8300円。さらに、どちらも25万円ないし10万円の購入補助金が受けられる。

なお、この変更に伴い、価格はそれぞれ3万円アップし、ゴルフTSIコンフォートラインが278万円、ゴルフヴァリアントTSIトレンドラインは275万円に改訂された。また、10・15モード燃費はどちらも16.8km/リッターから16.4km/リッターへと、わずかながら下がっている。それでもなお、クラストップクラスの低燃費を誇ることに変わりはなく、さらに今回のエコカー減税が加わって、輸入車におけるゴルフシリーズの人気は、さらに確かなものとなりそうだ。なお、ふたつのモデルの販売は、2月5日より開始される。

(文=生方聡)

「ゴルフTSIコンフォートライン」
「ゴルフTSIコンフォートライン」
「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン」
「ゴルフヴァリアントTSIトレンドライン」
 
「フォルクスワーゲン・ゴルフ」シリーズにエコカー減税対象車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る