「三菱コルト ラリーアート バージョンRスペシャル」復活

2010.01.14 自動車ニュース

「三菱コルト ラリーアート バージョンRスペシャル」復活

三菱自動車は、「コルト」のスポーツモデル「コルト ラリーアート バージョンR」をベースに、ボディ剛性を高めるなどした特別なコルト「コルト ラリーアート バージョンR スペシャル」を、2010年2月18日に発売すると発表した。

■ボディ補強が走りのキモ

2008年4月に300台限定で発売され、一旦販売終了となっていた特別仕様車「コルト ラリーアート バージョンR スペシャル」が、このたび一部改良を受けて復活する運びとなった。

同モデル最大のウリは、剛性アップが図られた専用のボディだ。一般的なスポット溶接より接合面積の広い“連続シーム溶接”と呼ばれる溶接方法を用いることで、ドア開口部まわりを大幅に強化。ボディの曲げ剛性が約10%向上し、ハンドリング性能もアップ。結果、走りにこだわりを持つユーザーから支持を得ることができたという。

今回のモデルは、ラリーアート製スポーツマフラーやレカロ製のフロントバケットシート、専用バッジなどを前モデルから継承しつつ、新たに専用シルバー塗装を施した12本スポークの16インチアルミホイールを採用。ボディカラーにはチタニウムグレーメタリックが加えられ、レッドメタリック、ブラックマイカと合わせ、全3色で展開される。

エンジンは、ベースモデル「ラリーアート バージョンR」と同じ、1.5リッター直4ターボを搭載。最高出力163ps/6000rpm、最大トルク21.4kgm/3500rpmを発生する。トランスミッションは、5段MTのみ。10・15モード燃費は、15.4km/リッターとなる。

価格は、ベースモデルより33万6000円高い232万500円。

(webCG 曽宮)

コルト ラリーアート バージョンR スペシャル
コルト ラリーアート バージョンR スペシャル
インテリアには、レカロ製のフロントバケットシートや本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、カーボン調加飾パネルが装備される。
インテリアには、レカロ製のフロントバケットシートや本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、カーボン調加飾パネルが装備される。
スポット溶接(写真上)と、連続シーム溶接(同下)の違い。
スポット溶接(写真上)と、連続シーム溶接(同下)の違い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • 三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】 2003.9.10 試乗記 ……140.8万円
    総合評価……★★★

    三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る