第399回:新春“NAVIショック”勃発! 〜 雑誌はもう伝統芸能化するしかない!?

2010.01.14 エッセイ

第399回:新春“NAVIショック”勃発! 〜 雑誌はもう伝統芸能化するしかない!?


第399回:“NAVIショック”で一言!〜雑誌はもう伝統芸能化するしかない!?

雑誌衰退は必然なれど……

あけましておめでとうございます。
『webCG』読者にはご存じのかたも多いと思いますが、2010年、いきなり衝撃のニュースが飛び込んでまいりましたっ! 伝統の自動車カルチャー雑誌、二玄社『NAVI』が休刊。さらに今春で、兄弟誌『BICYCLE NAVI』や『MOTO NAVI』もお休みするそうです。

時代の変化もわかるけど、個人的には10年以上も前に所属し、俺を育ててくれた“母”なる編集部であり、いまだ個性や魅力も十分残っている雑誌だったのでとても残念。とはいえ今も形を変えて存続すべく、一部ががんばっているので、しばらくはそれを見守りたいと思う。おそらくなんらかのカタチでは残るはずだ。

とはいえこの“NAVIショック”、いずれは出てくると思ってました。『NAVI』に限らず、今どきの雑誌は販売部数的にツラく、広告も入りにくい。よって形を変えなければ生き続けることができない。
というか俺が業界に加わるウン10年も前から雑誌は、すでに“知識や情報を売るメディア”であるというよりも“商品購買扇動メディア”=カタログ雑誌になりつつあり、これだけ経済状況がキツくて物が売れないと当然存続の危機にひんするわけだ。オマケに読者の紙媒体からネット媒体への移行も根本にあるから、雑誌衰退に対するネガティブ解説はいくらでもできる。

でもね、だからといって雑誌がすべて無くなるわけではないと思うのよ。それはまず情報の信頼性の問題で、このように伝統的で力のある雑誌が無くなるのは、めぐりめぐっては読者側であり、受け手側の不利益になる。なぜならば今後、情報が無料が前提のネットを通してばかり入ってくるようになるとますます信頼性が落ち、スキャンダラスな物ばかりはびこる可能性があるからだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』