クライスラー、「ジープ」の新モデルを発表【デトロイトショー2010】

2010.01.13 自動車ニュース

【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新グレードを設定

【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新モデルを発表

クライスラーは、2010年1月11日に北米で開幕したデトロイトモーターショーで、ジープブランドの追加モデル3タイプを発表した。

「リバティ レネゲード」
【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新グレードを設定

■スポーツとリミテッドの中間グレード

今回発表されたモデルは、「ジープ・リバティ」(日本名ジープ・チェロキー)の新グレード「レネゲード」と、「ジープ・ラングラー」の特別仕様車「アイランダー」および新グレード「マウンテン」の計3モデル。

「リバティ レネゲード」は、既存モデルの「スポーツ」と「リミテッド」の中間に位置するモデルで、リミテッドのように本革内装ではないものの、新採用のプレミアムクロスシートやドリフトウッドアクセントベゼルなどにより上級感が高められている。

外観についても、235/70R16サイズのホワイトレターオールテレインタイヤをはじめ、専用デザインの前後バンパーやサイドモールディング、メタリック塗装のホイールフレアなどにより、精悍な雰囲気が演出された。

3.7リッターV6エンジン(210hp)や、セレクトラックII 4WDシステムなどの機関部品は全モデル共通だ。

「ラングラー アイランダー」
【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新グレードを設定

■ビーチ仕様のラングラー限定車

「ラングラー アイランダー」は、「スポーツ」(の4WD車)をベースに、ビーチスタイルのユニークな外観に仕立て上げた限定車。エクステリアには、専用のボディカラーや「Tiki Bob」デカール、ブラックサイドステップ、17インチアルミホイール+(外径)32インチタイヤなどにより遊び心がもりこまれている。

インテリアは、ダークグレーでまとめられ、サーフブルーのインサートとブルーのステッチ、アイランダー「Tiki Bob」刺繍ロゴなどがアクセントとしてあしらわれる。またブルーステッチ入りのステアリングホイール、Mopar製のラバーフロアマットなどにより海が似合う雰囲気を演出したという。

「ラングラー マウンテン」
【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新グレードを設定

■マウンテン仕様のラングラー限定車

「ラングラー マウンテン」は、「スポーツ Sパッケージ」(の4WD車)をベースに、マウンテンのテーマにそったエンジンフードデカール、専用ペイントの17インチホイール+(外径)32インチタイヤ、ブラックテールランプガード、Mopar製のフューエルフィラードアなどを採用した限定車。

インテリアには、「Mountain」ロゴ刺繍をあしらったエンボスシートインサートやアルマイト仕上げの空調リングなどが配される。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
ホームへ戻る