クライスラー、「ジープ」の新モデルを発表【デトロイトショー2010】

2010.01.13 自動車ニュース

【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新グレードを設定

【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新モデルを発表

クライスラーは、2010年1月11日に北米で開幕したデトロイトモーターショーで、ジープブランドの追加モデル3タイプを発表した。

「リバティ レネゲード」
【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新グレードを設定

■スポーツとリミテッドの中間グレード

今回発表されたモデルは、「ジープ・リバティ」(日本名ジープ・チェロキー)の新グレード「レネゲード」と、「ジープ・ラングラー」の特別仕様車「アイランダー」および新グレード「マウンテン」の計3モデル。

「リバティ レネゲード」は、既存モデルの「スポーツ」と「リミテッド」の中間に位置するモデルで、リミテッドのように本革内装ではないものの、新採用のプレミアムクロスシートやドリフトウッドアクセントベゼルなどにより上級感が高められている。

外観についても、235/70R16サイズのホワイトレターオールテレインタイヤをはじめ、専用デザインの前後バンパーやサイドモールディング、メタリック塗装のホイールフレアなどにより、精悍な雰囲気が演出された。

3.7リッターV6エンジン(210hp)や、セレクトラックII 4WDシステムなどの機関部品は全モデル共通だ。

「ラングラー アイランダー」
【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新グレードを設定

■ビーチ仕様のラングラー限定車

「ラングラー アイランダー」は、「スポーツ」(の4WD車)をベースに、ビーチスタイルのユニークな外観に仕立て上げた限定車。エクステリアには、専用のボディカラーや「Tiki Bob」デカール、ブラックサイドステップ、17インチアルミホイール+(外径)32インチタイヤなどにより遊び心がもりこまれている。

インテリアは、ダークグレーでまとめられ、サーフブルーのインサートとブルーのステッチ、アイランダー「Tiki Bob」刺繍ロゴなどがアクセントとしてあしらわれる。またブルーステッチ入りのステアリングホイール、Mopar製のラバーフロアマットなどにより海が似合う雰囲気を演出したという。

「ラングラー マウンテン」
【デトロイトショー2010】クライスラー、「ジープ」の新グレードを設定

■マウンテン仕様のラングラー限定車

「ラングラー マウンテン」は、「スポーツ Sパッケージ」(の4WD車)をベースに、マウンテンのテーマにそったエンジンフードデカール、専用ペイントの17インチホイール+(外径)32インチタイヤ、ブラックテールランプガード、Mopar製のフューエルフィラードアなどを採用した限定車。

インテリアには、「Mountain」ロゴ刺繍をあしらったエンボスシートインサートやアルマイト仕上げの空調リングなどが配される。

(webCG 曽宮)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る