アウディ「A5スポーツバック」が日本デビュー

2010.01.13 自動車ニュース
「A5スポーツバック」
アウディ「A5スポーツバック」が日本デビュー

アウディ「A5スポーツバック」が日本デビュー

アウディジャパンは2010年1月13日、新型車「アウディA5スポーツバック」を発表した。

アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長(右)と、発表会に招かれた本国アウディAGデザイナーのセザール・ムンタダ氏(左)。
アウディジャパンのドミニク・ベッシュ社長(右)と、発表会に招かれた本国アウディAGデザイナーのセザール・ムンタダ氏(左)。
 
アウディ「A5スポーツバック」が日本デビューの画像

■コンセプトは“3 in 1”

欧州で2009年9月にデビューした「A5スポーツバック」が、日本に上陸した。クーペ、カブリオレに続く、第3の「A5」は「クーペのスタイリング」「ワゴンの機能性」「セダンの居住性」の3つのニーズを1つのボディで実現(プレスリリース)した“4ドアクーペふう”5ドアハッチバックである。概要については既報のとおり

ボディサイズは全長×全幅×全高=4710×1855×1390mmで、ベースとなった「A4セダン」よりやや長く低いシルエット。ホイールベースはA4セダンと同じ2810mmとなる(A5は2750mm)。
流麗で伸びやかなシルエットが印象的なボディデザインは、A4よりAピラーを前進させ寝かせることで、ハッチゲートのあるCピラーまで伸びやかなルーフラインが描かれる。サッシュレスの4枚ドアによって構成されるウィンドウグラフィックにも、前後に細長く見せるようなデザイン処理が施されている。

4人乗りとなる室内は、居住性もA4セダンとほぼ同等。全高はA4セダンより50mm低いものの、リアシートの座面を低く設定するなどして、空間が確保された。

リアハッチゲートを開けてアクセスする荷室は、通常状態で480リッターと「A4アバント(同490リッター)」なみ。さらに6:4分割可倒式のリアシートを倒すことで980リッターにまで拡大。1750mmまでの長尺物も積載可能となる。

 
アウディ「A5スポーツバック」が日本デビューの画像
 
アウディ「A5スポーツバック」が日本デビューの画像
 
アウディ「A5スポーツバック」が日本デビューの画像

■燃費は12.0km/リッター

今回日本に導入されたのは、2リッター直4ガソリン直噴ターボエンジンを搭載する「2.0TFSIクワトロ」のみ。可変バルブリフト機構「アウディバルブリフトシステム」を採用し、最高出力211ps/4300-6000ropm、最大トルク35.7kgm/1500-4200rpmを発生。トランスミッションは7段の2ペダルMT「Sトロニック」が組み合わされ、お得意のクワトロシステムで4輪を駆動する。
先日マイナーチェンジされた「Q7」同様に、制動・減速時のエネルギーをバッテリーに蓄積するエネルギー回生システムを採用。燃費向上に貢献し、カタログ燃費は12.0km/リッター(10・15モード)と記される。

シャシーの基本構造は「A4」と同じで、サスペンション形式は前5リンク/後トラペゾイダルを採用。
ダンパーの減衰力やトランスミッションのシフトプログラム、エンジンレスポンスを任意に調整できる「アウディドライブセレクト」や、可変ステアリングギア比の「ダイナミックステアリング」がオプションで用意された。

最新世代のMMI(マルチメディアインターフェース)やHDDナビゲーションシステム、10スピーカーのオーディオシステムやiPodなどのミュージックプレイヤーが接続できるAMI(アウディミュージックインターフェース)は標準装備される。オプションでは、ガラスサンルーフやバング&オルフセンサウンドシステム、駐車をアシストするリアビューカメラ付きのAPS(アウディパーキングシステム)に加え、後方からの併走車を感知してドライバーに伝える「アウディサイドアシスト」などが装着可能。内外装をスポーティにしつらえ、専用のスポーツサスペンションが与えられる「S-line」パッケージも用意される。

ハンドル位置は右のみとなり、価格は575.0万円。2010年の目標販売台数は1000台で、A5シリーズ全体の過半数を見込む。

「A5スポーツバック エクスクルーシブ リミテッド」
「A5スポーツバック エクスクルーシブ リミテッド」
「A5スポーツバック エクスクルーシブ リミテッド」の内装。
「A5スポーツバック エクスクルーシブ リミテッド」の内装。
 
アウディ「A5スポーツバック」が日本デビューの画像

■20台限定の特別仕様車も

A5スポーツバック発表を記念して、特別仕様車「A5スポーツバック エクスクルーシブ リミテッド」も同日発売された。
ボディは特別色となるスズカグレーメタリックにペイント。インテリアには、ブラックとアラバスターホワイトの2トーンとなる「エクスクルーシブライン」レザーシートが奢られる。さらに、S-lineエクステリアパッケージと、20スポークデザインアルミホイールで化粧が施されるほか、14スピーカーとなるバング&オルフセンサウンドシステムも特別装備される。
価格は751.0万円で、20台限定で販売される。

(webCG 本諏訪)

■【Movie】アウディA5スポーツバック

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A5スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る