【スペック】全長×全幅×全高=4710×1855×1390mm/ホイールベース=2810mm/車重=1710kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(211ps/4300-6000rpm、35.7kgm/1500-4200rpm)/価格=575.0万円(テスト車=691.0万円)

アウディA5スポーツバック 2.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】

カルトな魅力 2010.01.13 試乗記 アウディA5スポーツバック 2.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)
……691.0万円

「アウディA5」シリーズに新たなボディバリエーションが追加。クーペ、カブリオレに続くは、5ドアクーペだ。さっそくその走りを試した。

2010年、期待の星

アウディジャパンの昨2009年の登録台数実績が発表された。日本国内で昨年登録されたアウディ(の正規輸入モデル)は1万6171台。100年に1度の経済危機と騒がれる世の中にあって、台数にしてわずか124台(率にして1%)ではあるものの、なんと前年比プラス(!)で、しかも歴代2位の好成績だったという。実質的に国産車限定のエコカー減税と無縁だった輸入車が軒並み数字を大きく落とすなかで、とにもかくにも「プラス」とはたいしたものだ。

もっとも、欧米でのアウディはすでに、市場規模でもBMWやメルセデスと完全に肩をならべる存在だ。そう考えると、BMWが約4万台(ミニを含む)、メルセデスが約3万台(スマートを含む)売り上げる日本でのアウディは、世界的に見ればまだまだ物足りない。少しは景気回復も期待できる今年は、アウディも当然ながらさらなる右肩上がりを期しているはず。そんなアウディの、2010年において大きな役割を果たしそうなのが、この「A5スポーツバック」である(まあ、コンパクトな「A1」が年内上陸するとさらに大きな戦力になりそうだが)。

昨年秋に欧州販売がスタートしているA5スポーツバックだから、そのスタイルや基本内容はすでにご存じの方も多いだろう。その名のとおりベースとなったのは「A5クーペ」で、もっといえば基本設計は「A4」ファミリーの一員といっていい。フロントセクションは低く構えたA5ゆずりのスタイルで、サイドフェンダーにまでアルミパネルを採用するのもA5クーペと同様だ。全幅やトレッドもA5に準じるワイドタイプで、全高もクーペより15mm高いだけなので、初対面した第一印象は、なるほどA4よりA5に近い。4枚あるドアもサッシュレスだ。対して、A5クーペより60mm長くなったホイールベースはA4と共通で、4710mmという全長もほぼA4と同じである。

つまり、A5スポーツバックはA4ファミリーのなかでは低くワイドであるうえに、全長も長い。さらにリアのハッチゲート構造もあってA5スポーツバックの重量はどうしても重くなり、同じ2.0TFSIエンジン搭載モデルで比較すると、その車両重量はA5クーペより70kg重く、A4セダン比でも30kg重い。

日本導入モデルは、2リッター直噴ターボ搭載の1タイプのみ。10・15モード燃費は、12.0km/リッター。
日本導入モデルは、2リッター直噴ターボ搭載の1タイプのみ。10・15モード燃費は、12.0km/リッター。
Aピラーより後ろ側のボディパネルは、すべて専用設計されたもの。アウディ車の特徴である6ライトキャビンを継承しつつ、新デザインが採り入れられた。
Aピラーより後ろ側のボディパネルは、すべて専用設計されたもの。アウディ車の特徴である6ライトキャビンを継承しつつ、新デザインが採り入れられた。
荷室容量は480リッター。アバントの490リッターに迫るスペースが確保された。

クリックするとシートアレンジのさまが見られます。
荷室容量は480リッター。アバントの490リッターに迫るスペースが確保された。
	クリックするとシートアレンジのさまが見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A5スポーツバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る