トヨタ、ハイブリッドコンパクト「FT-CH」を出展【デトロイトショー2010】

2010.01.12 自動車ニュース

【デトロイトショー2010】トヨタ、ハイブリッドコンパクト「FT-CH」を出展

トヨタ自動車は、2010年1月11日に開幕した北米国際自動車ショー(デトロイトショー)に、ハイブリッドシステム搭載のコンセプトカー「FT-CH」を出展した。

「FT-CH」は「圧倒的な環境性能」と「走る楽しさ」を両立したという、コンパクトクラスのハイブリッド専用5ドアハッチバック。ガソリンエンジンとモーターを組みあわせたハイブリッドシステムが搭載される。

全長×全幅×全高=3895×1695×1400mmというボディサイズは「プリウス」よりかなり小さく、同社のコンパクトカー「ヴィッツ」と比べると、およそ10cm長く10cm低いもの。ボディデザインは、空力性能を考慮した「トライアングルシルエット」を採用。4人乗車となる室内は、パーソナルな空間が重視されたという。

トヨタブースには、他に東京モーターショーにも出展された「FT-EVII」のほか、「プリウス・プラグインハイブリッド」「カムリハイブリッド」「ハイランダーハイブリッド」なども並べられる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。