三菱、「パジェロ」の仕様・装備を変更

2012.10.10 自動車ニュース

三菱、「パジェロ」の仕様・装備を変更

三菱自動車は2012年10月10日、「パジェロ」のグレード体系を見直すとともに、仕様・装備を変更して発売した。

今回、グレード体系の見直しが実施され、ロングボディーの「スーパーエクシード」の3.8リッターガソリンエンジン搭載車、ロングボディー「GR」の5段MT車、ショートボディー「VR-I」の5段MT車は廃止。
ロングボディー、ショートボディーともに、エンジンは3.2リッター直4クリーンディーゼルと3リッターV6ガソリンに、トランスミッションは5段ATのみに集約された。

安全性能の向上も図られ、3リッターV6のガソリン車に、横滑りを防止する「ASC」と安定した発進を可能にする「ATC」を組み合わせた、「ASTC(アクティブスタビリティ&トラクションコントロール)」+ブレーキアシストが与えられた。さらにボンネットフードも、歩行者に対する衝撃を軽減するタイプに変更された。

また、「MMCS」(ナビゲーション、オーディオ機能)を最新型に変更するなど、機能装備もアップグレードされた。

価格は、「VR-I」(ショートボディー、ガソリン車)の281万4000円から、「スーパーエクシード」(ロングボディー、クリーンディーゼル車)の476万7000円まで。

(webCG)

「三菱パジェロ」
「三菱パジェロ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る