ホンダ「CR-Z」市販型を初披露【デトロイトショー2010】

2010.01.12 自動車ニュース

【デトロイトショー2010】ホンダ「CR-Z」市販型を初披露

【デトロイトショー2010】ホンダ「CR-Z」市販型を初披露

本田技研工業は、2010年1月11日にプレスデイで幕を開けた北米国際自動車ショー(デトロイトショー)で、新型ハイブリッドスポーツ「CR-Z」を発表した。

写真はいずれも日本仕様
【デトロイトショー2010】ホンダ「CR-Z」市販型を初披露

■25.0km/リッター走るスポーツカー

2007年の東京モーターショーにコンセプトカーが初登場、さらに2009年東京モーターショーには「CR-Zコンセプト2009」として、市販型に近いモデルが公開された「CR-Z」が、ついに正式発表された。

全長×全幅×全高=4080×1740×1395mmは、「インサイト」より310mmも短く、45mmワイドで、30mm低いディメンション。ホイールベースは2435mmで、インサイトより115mm短い。車重は1130kg(6MT車)と、「マツダ・ロードスター」クラスである。
核となるハイブリッドユニット「IMA」は、1.5リッター直4 i-VTECガソリンエンジン(113ps、14.7kgm)を、モーター(14ps、8.0kgm)がアシストするもの。トランスミッションはコンベンショナルな6段MTと、パドルシフト付きのCVTが用意される。10・15モード燃費は25.0km/リッター(CVT車)とアナウンスされた。

走行シーンやドライビングスタイルにあわせて、トランスミッションや電動パワステ、エアコンなどを統合制御する「3モードドライブシステム」も採用。「NORMAL」のほか、スポーティな走行に適した「SPORT」と、燃費走行を意識した「ECON」の3モードを任意に選ぶことができるという。

日本では2010年2月25日発表、2月26日発売と予定される。

(webCG 本諏訪)

関連記事
  • ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.4.12 試乗記 ホンダCR-Z MUGEN RZ(FF/6MT)
    ……449万4000円

    「ホンダCR-Z」をベースとする、300台限定のコンプリートカー「MUGEN RZ」に試乗。無限のスペシャルチューンで、“ハイブリッドスポーツ”の走りはどう変わったのか?
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2012.12.8 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……304万4000円

    ハイブリッドのスポーツカー「ホンダCR-Z」がマイナーチェンジ。“走りの裏技”を得たという最新モデルの実力を試した。
  • ホンダCR-Z α・Master label(FF/6MT)/CR-Z α・Master label(FF/CVT)【試乗記】 2012.10.30 試乗記 ホンダCR-Z α・Master label(FF/6MT)/CR-Z α・Master label(FF/CVT)
    …294万1500円/304万6500円

    マイナーチェンジを受けパワーを増した「ホンダCR-Z」。MTモデルとCVTモデルに試乗した。
  • ホンダCR-Z 2010.2.25 画像・写真 ホンダが放つハイブリッドのスポーツカー「CR-Z」のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダCR-Z α(FF/CVT)【試乗記】 2010.4.12 試乗記 ホンダCR-Z α(FF/CVT)
    ……278万4000円

    ハイブリッドカーでありながらスポーツカーを称する「ホンダCR-Z」。掲げられた“二枚看板”の、真偽のほどは!? 売れ筋グレードで試した。
  • ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)【試乗記】 2011.10.11 試乗記 ホンダCR-Z α・Black label(FF/6MT)
    279万6000円

    「ホンダCR-Z」の新グレード「α・Black label」に試乗し、ハイブリッドスポーツカーの存在意義をあらためて考えた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
ホームへ戻る