【スペック】全長×全幅×全高=4045×1750×1480mm/ホイールベース=2540mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=219万円(テスト車=同じ)

プジョー207プレミアム(FF/4AT)【試乗記】

小さくて深い 2010.01.12 試乗記 プジョー207プレミアム(FF/4AT)
……219万円

「今さら?」とあまり期待しないで乗った「プジョー207プレミアム」に、リポーターは感銘を受けたという。そのわけは?

白いゴハンがおいしい食堂

2009年10月にマイナーチェンジを受けて少し大人っぽい顔つきになった「プジョー207プレミアム」のステアリングホイールを握りながら、クルマって奥が深いとつくづく思う。1.6リッターの直列4気筒エンジンは「BMWと共同開発」という謳い文句こそ派手だけれど、出力はジミに120ps。トランスミッションは4段ATだから、はっきりと古い。しかしですね、「プジョー207プレミアム」はクルマはスペックじゃ評価できないというあたりまえのことを教えてくれた。

何がいいって、まず乗り心地がいい。10〜30km/h程度の低速でこそゴロゴロするけれど、そこから上はいたって快適。サスペンションが一所懸命に伸びたり縮んだりして、路面の凸凹をなかったことにしてくれる。ただソフトなだけでなく“抑え”も効いていて、たとえば段差を乗り越えた後のボディの上下動はビシッと一発で収まる。掛け心地のいいシートのおかげもあって、コンパクトカーでありながら長距離移動は得意科目だ。

最初は乗り心地のよさに心を奪われるけれど、1時間も乗っているとキモチよくドライブできるほかの理由も見えてくる。それは、ステアリングホイールの手応えのよさだ。重すぎず、軽すぎず、路面からの情報を的確に伝えてくれる。こう書くとあたりまえのことに聞こえるかもしれない。けれども白いゴハンがおいしい食堂と同じで、あたりまえのところに作り手の良心や腕が表れるんじゃないか。


プジョー207プレミアム(FF/4AT)【試乗記】の画像
BMWとのコラボで生まれた1.6リッター直4ユニットには、連続可変バルブタイミング機構など最新のテクノロジーが注入されている。
BMWとのコラボで生まれた1.6リッター直4ユニットには、連続可変バルブタイミング機構など最新のテクノロジーが注入されている。
リアのコンビネーションランプには新たにLEDが採用される。サスペンション形式は、フロントがマクファーソン・ストラット、リアがトーションビーム。
リアのコンビネーションランプには新たにLEDが採用される。サスペンション形式は、フロントがマクファーソン・ストラット、リアがトーションビーム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る