第124回:大矢アキオ、Googleストリートビューに露出成功!!

2010.01.09 エッセイ

第124回:大矢アキオ、Googleストリートビューに露出成功!!

2009年7月15日、シエナに突如現れたストリートビュー撮影隊。
第124回:大矢アキオ、Googleストリートビューに露出成功!!

ナゾの3輪車

昨年暮れのボクは、マイケル・ジャクソンをしのんで密かにムーンウォークの練習に励んでいた。ところがそれを知らなかった女房は、「足の関節がおかしいのか?」と心配する始末。さらにキムタクが紅白歌合戦でムーンウォークを披露したことを知り、もう勝ち目がないと思った。そうした失意のなかで、ふとある出来事を思い出した。

話は2009年7月中旬の、ある日まで遡る。
朝、原稿を書いていて、ふと窓の外を見ると、不思議なトライク(3輪自転車)が眼下をゆっくりと通過しようとしている。ペダルを漕ぐ若者と、トライクのあとを追う若者の、男子2人連れである。アイスクリーム売りか? と思ったが、トライクには一見スピーカーと見間違えるような装置が付いていた。さらによく見ると、そこに「Google」と書いてあるではないか。即座にピン! ときた。「Googleストリートビュー」の撮影だ!

多くの『webCG』読者はご存知だろうが、念のため書いておくと、「ストリートビュー」とは、検索エンジンのGoogleが提供する無料地図サービス「Googleマップ」に組み込まれているもので、道路沿いの風景360度をパノラマ写真で見ることができるものだ。ちなみにボクの会社員時代の先輩は、元カノの実家をググっては懐かしんでいるという。

ボクの住むシエナは、街ごとユネスコ世界遺産にもかかわらず、ストリートビューでは、なぜか後まわしにされていた。だから、思わず「キターッ!」と叫んでしまった。
東京では「トヨタ・プリウス」を使って撮影がおこなわれているらしいが、シエナの旧市街は、住民以外のクルマは原則として進入できないし、やたら一方通行が多い。そこで、トライクにしたに違いない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。