F1カラーのロータス「エキシージS タイプ72」登場

2010.01.08 自動車ニュース

F1カラーのロータス「エキシージS タイプ72」登場

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは2010年1月8日、台数限定の特別仕様車「ロータス・エキシージS タイプ72」の受注を開始した。

「ロータス・エキシージS タイプ72」は、ライトウェイトスポーツ「エキシージS」をベースに、独自のドレスアップを施した特別仕様車だ。

モチーフとなったのは、1970年から1975年までF1世界選手権で活躍したロータスのマシン「タイプ72 フォーミュラワン」。ファントムブラックのボディには、当時彩色を担当したのと同じデザイナーの手による、ゴールドストライプの“JPSカラーリング”が施され、同じくブラック&ゴールドの軽量鍛造ホイールが組み合わされる。

ゴールドのステッチが特徴の「ブラックマイクロファイバー製ProBaxスポーツシート」が配される車内にはエアコンも備わり、ツインオイルクーラー、ロータストラクションコントロール、アジャスタブルフロントアンチロールバーなどの装備が、ハイレベルな走りを提供するという。
なお、エンジン出力等のスペックは、ベースモデルと変わらない。

価格は、エキシージSより18.0万円高の748.0万円。具体的な数字は明らかにされないものの、台数限定で扱われ、今春には顧客のもとに届けられるとのことだ。

(webCG 関)

「ロータス・エキシージS タイプ72」
「ロータス・エキシージS タイプ72」
こちらが、モチーフとなった「ロータス・タイプ72 フォーミュラワン」。
こちらが、モチーフとなった「ロータス・タイプ72 フォーミュラワン」。

F1カラーのロータス「エキシージS タイプ72」登場の画像

F1カラーのロータス「エキシージS タイプ72」登場の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
ホームへ戻る