【スペック】全長×全幅×全高=4970×1955×1880mm/ホイールベース=2880mm/車重=2630kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー(510ps/6000-6500rpm、63.8kgm/2500-5500rpm)/価格=1554.0万円(テスト車=同じ)

ランドローバー・レンジローバーヴォーグ5.0 V8スーパーチャージド(4WD/6AT)【試乗記】

これぞ、老舗の“いいしごと” 2010.01.08 試乗記 ランドローバー・レンジローバーヴォーグ5.0 V8スーパーチャージド(4WD/6AT)
……1554.0万円

元祖高級オフローダー「レンジローバー」が、510psの新型エンジンを搭載して生まれ変わった。その走りと乗り心地を報告する。

威厳をたたえるSUV

ランドローバーは今のようにSUVが大衆化するはるか昔、60年も前から、一部の裕福なユーザーにとって便利で実用的な“高性能万能車”を造ってきた。最近になってドイツ車勢がこの市場にも参入してきたが、単に高価格で高性能なだけでは“高級なクルマ”として評価されないのもまた、自動車社会の面白いところである。それは歴史と品性がかもし出す威厳ともいえる領域のことなのであり、彼等が一朝一夕にして手に入れられるものではないだろう。

そのランドローバー社の旗艦である「レンジローバー」が、マイナーチェンジを受けた。ただし、小変更といっても、内容的には大きく進化している。
外観の変更は写真でご覧のように、ランプ類やラジエターグリルなどの違いにとどまるが、大きなところでは、エンジンと変速機が新しくなっている。用意されるエンジンは、ジャガーとの共同開発による5リッターV8で、NAとスーパーチャージャー付きの2種類。それぞれ375psと510psにチューンされた新型ユニットは、もちろん時代を先取りしたもので、燃料の直噴化はもとより各種の可変機構などを備え、燃費と排ガスにも配慮がなされている。

「レンジローバー」ラインとしては、レンジローバースポーツと今回試乗したレンジローバーヴォーグがあり、エンジンとの組み合わせにより、(レンジローバーと名の付くモデルとしては)合計4機種となる。変速機は6段ATのみ。価格はスポーツの754万円からで、試乗車のスーパーチャージャー付きヴォーグでは1554万円に達する。なお、これら価格には「CO2オフセット・プログラム」の費用が含まれており、二酸化炭素の削減プロジェクトに資金が提供されることで、自動的に新車から7万2000km走行分のCO2が相殺されることになっている。

新型では、グリルを大型化するなどフロント周りの意匠が改められ、存在感がより強調された。
新型では、グリルを大型化するなどフロント周りの意匠が改められ、存在感がより強調された。
泥の世界をイメージさせない豪奢なインテリアがドライバーを包み込む。harman/kardonのオーディオがもたらすエンターテインメント性も自慢。
泥の世界をイメージさせない豪奢なインテリアがドライバーを包み込む。harman/kardonのオーディオがもたらすエンターテインメント性も自慢。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る