一般道最強のインプレッサ!? 「R205」発売

2010.01.07 自動車ニュース

一般道最強のインプレッサ!? 「R205」発売

富士重工業のモータースポーツ部門を担うスバルテクニカインターナショナル(STI)は2010年1月7日、コンプリートカー「スバル・インプレッサR205」を400台限定で発売した。

「インプレッサR205」は、スバルのハイパフォーマンスモデル「インプレッサ WRX STI」をベースに、STIがスペシャルチューンを施したコンプリートカー。ただし、競技ベース車でもある「WRX STI spec C」とは異なり、サーキットなどの特別な場所よりむしろ、一般道における操縦安定性の向上にこだわったモデルだ。

具体的には、STI製のダンパー&スプリング、フレキシブルタワーバー、フレキシブルサポート・リヤなどを与えるなどして、ドライバーが意のままに操れるハンドリングを追及。さらに、新開発のフレキシブルドロースティフナーや、専用開発のタイヤ(ブリヂストン・ポテンザRE070)なども採用し、しなやかな乗り心地と信頼感のある乗り味を両立させたという。

エンジンは、専用ボールベアリングターボや、特別なチューニングを施したECU、オリジナルスポーツマフラーなどの装着により、シリーズ最強となる320ps/6400rpm、44.0kgm/4400rpmを発生。
加速性能のアップに合わせ、前後ブレーキはブレンボ製のローター、キャリパーを装備、ドライバーのイメージ通りの減速も約束する。

エクステリアも、前後のアンダースポイラーやルーフスポイラーで空力特性をバランスさせつつ、専用のフロントグリルやサイドガーニッシュなどで質感の向上も図ったという。

価格は、こちらもシリーズトップの、473万5500円となっている。

(webCG 関)


一般道最強のインプレッサ!? 「R205」発売の画像

一般道最強のインプレッサ!? 「R205」発売の画像

一般道最強のインプレッサ!? 「R205」発売の画像
限定400台で販売される「R205」。「R」の頭文字には、ロードスポーツの意味が込められている。
限定400台で販売される「R205」。「R」の頭文字には、ロードスポーツの意味が込められている。

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
    「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ
    2018.2.8 エディターから一言 新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」のディーゼルモデルを発売 2018.2.14 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月14日、「パサート」および「パサートヴァリアント」のモデルラインナップにディーゼルエンジンを搭載した「TDI」を追加設定し、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る