プジョー200周年を祝うお得な「207」発売

2010.01.07 自動車ニュース

プジョー200周年を祝うお得な「207」発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは、コンパクトハッチ「207スタイル1.6」に200台限定で特別仕様車を設定し、2010年1月19日に発売する。

今回の特別仕様車は、プジョーブランドの創業200周年を記念して発売されるもの。

コンパクトハッチの「207スタイル1.6」(199万円)に、

・法定点検とプジョー独自の点検整備、交換部品や交換費用までカバーする「プジョー・メンテナンス・プログラム(スタンダードプラン)」:6万5000円

・ステンレス製ドアステップガード:1万4490円

・プジョー製のペッパーミル&ソルトミルセット:1万円

の3点、計8万9490円ぶんの特典を加えながら、もとの価格より1万円高の200万円ポッキリで販売される。台数は限定で、200台こっきり。

(webCG 関)

「プジョー207スタイル1.6」
「プジョー207スタイル1.6」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る