【スペック】全長×全幅×全高=4020×1770×1485mm/ホイールベース=2585mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(202ps/7100rpm、21.9kgm/5400rpm)/価格=299.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)【試乗記】

2009年の大トリ 2010.01.07 試乗記 ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)
……299.0万円
最新の「ルーテシア」のホットモデル「ルノースポール」に下野康史が試乗した。
 

「ルノー・ルーテシア」のルノースポールが帰ってきた。ルノーの高性能モデル開発、及びモータースポーツ活動をとりしきるルノー・スポール・テクノロジー社の特製ルーテシアだ。現行の3代目ルーテシア(欧州名クリオ)にも、以前からルノースポール版はあったが、日本市場へは正式導入されていなかった。今回やってきたのは、2009年春のジュネーブショーでデビューしたブラックマスクの最新バージョンである。

 
ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)【短評】
 
ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)【短評】
 
ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)【短評】

アドレナリンが湧き出る

ルノースポールにハズレなし。これまでの経験でぼくはそう思っている。イギリス海峡に面した港町、ディエップにあるルノー・スポール・テクノロジー社の敷地は、かつてアルピーヌの工場があったところである。そのころから裏切ることのなかったハイパフォーマンス・ルノーの看板を背負うのが、ルノー・スポール(以下RS)である。

新型「ルーテシアRS」のパワーユニットは、202psの2リッター4気筒DOHC。「メガーヌ」や「ラグナ」にも使われている2リッターエンジンをチューンして、1リッターあたり100psを超すスポーツユニットに仕立てたものだ。
サスペンションの強化もぬかりないが、日本仕様の「トゥインゴRS」が採用したハードな“カップ仕様”の足まわりは、ルーテシアにはチョイスされなかった。ルノー・ジャポンの謳い文句は「クール・シック・ロケット」。コンフォートも忘れないプレミアム・ホットハッチを自認するのが今度のルーテシアRSである。

そのエンジンは、期待を裏切らない出来である。以前乗ったフェイスリフト前のモデル(並行輸入車)は、下のトルクが不足気味で、妙にスカスカした印象だったが、新型は低回転のトルクを20%増強し、6段マニュアルの1速、2速を低ギアリング化したという。その効果は明らかで、下から上までみっちり中身の詰まったルノースポールらしいエンジンに仕上がっている。いまにして思えば、マイナーチェンジ後まで正式輸入を我慢したのは正解だったかもしれない。

 
ルノー・ルーテシア ルノースポール(FF/6MT)【短評】

とはいえ、回せば回すほどアドレナリンが出るエンジンには違いない。黄色い盤面をもつタコメーターの、なるべく右半分で針を泳がせるような使い方が正しいし、楽しい。7000rpmに近いトップエンドになると、メーター内に警告ランプがつき、電子音も鳴ってシフトアップを促す。この日はこれで「シビック タイプR ユーロ」の試乗会に駆けつけたのだが、英国製のホンダ・スーパーハッチと比べると、RSのエンジンはひとくちに“豪快”だ。吸排気の息づかいにキャブレターユニットのようなワイルドさがある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る