「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードも

2010.01.06 自動車ニュース

「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードも

日産自動車は、「スカイライン セダン/クーペ」に小変更を施し、2010年1月6日に発売した。

今回、「スカイライン セダン」のフロントグリルやバンパー、ヘッドランプ、アルミホイールなどのデザインが改められ、より精悍な外観とされた。なかでも、スポーティグレードの「タイプSP」や「タイプS」には、専用のエクステリアパーツが採用され、ワイド感や低重心感が強調された。

セダンの機能面としては、2.5リッターFRモデルのATが、従来の5段から7段になったのがニュース。「伸びやかな加速感が得られた」(プレスリリース)だけでなく、燃費の向上により環境対応車普及促進税制に適合したため、取得税と重量税が50%減税される。

さらに、「スカイライン セダン/クーペ」そろって、AT車のセンターコンソールフィニッシャーやセンターアームレストのデザインが変更され、iPod接続ができる「カーウイングスナビゲーションシステム」、新型プラズマクラスターイオンを発生する「インテリジェントエアコン」といった快適装備も採用された。

あわせて、それら快適装備やステアリングスイッチ、バックビューモニターなどが省かれた最廉価グレード「Aパッケージ」も新たに設定された。

価格は、セダンが「250GT Aパッケージ(FR/7AT)」の289万8000円から「370GT タイプSP(FR/7AT)」の441万円まで。クーペが「370GT Aパッケージ(FR/7AT)」の386万4000円から「370GT タイプSP(FR/7AT)」の501万9000円まで。

(webCG 関)

日産スカイライン セダン 370GT タイプSP
「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードも
 
「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードも
 
「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードも

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る