「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードも

2010.01.06 自動車ニュース

「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードも

日産自動車は、「スカイライン セダン/クーペ」に小変更を施し、2010年1月6日に発売した。

今回、「スカイライン セダン」のフロントグリルやバンパー、ヘッドランプ、アルミホイールなどのデザインが改められ、より精悍な外観とされた。なかでも、スポーティグレードの「タイプSP」や「タイプS」には、専用のエクステリアパーツが採用され、ワイド感や低重心感が強調された。

セダンの機能面としては、2.5リッターFRモデルのATが、従来の5段から7段になったのがニュース。「伸びやかな加速感が得られた」(プレスリリース)だけでなく、燃費の向上により環境対応車普及促進税制に適合したため、取得税と重量税が50%減税される。

さらに、「スカイライン セダン/クーペ」そろって、AT車のセンターコンソールフィニッシャーやセンターアームレストのデザインが変更され、iPod接続ができる「カーウイングスナビゲーションシステム」、新型プラズマクラスターイオンを発生する「インテリジェントエアコン」といった快適装備も採用された。

あわせて、それら快適装備やステアリングスイッチ、バックビューモニターなどが省かれた最廉価グレード「Aパッケージ」も新たに設定された。

価格は、セダンが「250GT Aパッケージ(FR/7AT)」の289万8000円から「370GT タイプSP(FR/7AT)」の441万円まで。クーペが「370GT Aパッケージ(FR/7AT)」の386万4000円から「370GT タイプSP(FR/7AT)」の501万9000円まで。

(webCG 関)

日産スカイライン セダン 370GT タイプSP
日産スカイライン セダン 370GT タイプSP
 
「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードもの画像
 
「日産スカイライン」小変更 廉価な新グレードもの画像

関連キーワード:
スカイラインスカイラインクーペ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記 キーワードは「ザ・ダカールレプリカ」。ホンダがダカールラリーに投入するワークスマシンのイメージを受け継いだアドベンチャーモデル「CRF250ラリー」に試乗。乗るものを選ぶような足つき性の“悪さ”に、ホンダの心意気を感じた。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記