【スペック】全長×全幅×全高=4563×1902×1308mm/ホイールベース=2670mm/車重=1860kg/駆動方式=FR/4.3リッターV型8気筒DOHC(460ps/7750rpm、49.5kgm/5000rpm)/価格=2360万円(テスト車=2806万6000円)

フェラーリ・カリフォルニア(FR/7AT)【試乗記】

みんなのフェラーリ 2010.01.06 試乗記 フェラーリ・カリフォルニア(FR/7AT)
……2806万6000円

メタルルーフのオープンで、2+2のFR。“V8フェラーリ”として初物づくしなニューモデル、「カリフォルニア」の実力を試した。

もてなし上手

「フェラーリ・カリフォルニア」は、オールスターゲームみたいなスポーツカーだ。コンマ1秒のタイムを削るようなキリキリした切迫感はない。勝ち負けにこだわる真剣勝負というよりはお客さんを楽しませるための華やかなお祭りで、けれどもひとつひとつのプレーの質はおそろしく高い。観客(=ドライバー)は、肩の力を抜いてリラックスしながらスーパープレーの数々を楽しめる。歴史やルールなんか知らなくても、ピッチャーが投げる球はおそろしく速いし、バッターが打ったボールは見えなくなるほど遠くへ飛ぶ。

そのネーミングに似つかわしくない、東京の冬空の下で対面した「フェラーリ・カリフォルニア」は写真で見るよりも断然ハンサムだ。写真で見るかぎり、ハードトップを格納するトランクのあたりがモッコリしていて、なんだかなあ? という感じだった。けれども実車だと、オープンでもクローズドの状態でも気にならない。むしろ目が慣れるにつれ、ボリューム感のあるリアビューがカッコよく思えるようになった。ちなみにデザインは、ピニンファリーナとフェラーリのスタイリングセンターとのコラボだ。

乗り込んだ瞬間にインテリアがイマ風だと思うのは、「ブリッジ」と称されるY字のアルミ製センターコンソールと、巨大なタコメーターの左に位置するTFT液晶画面が目に入るから。この液晶画面は通常だと油温計と水温計が表示されるけれど、後退するときは後方の障害物を表示するバックモニターとして機能する。ほかにもクルマから降りようとしてドアを開けるとスーッとステアリングホイールが持ち上がってアシストしてくれる機能まであってびっくり。フェラーリはいつからこんなに“もてなし上手”になったのか。

トランク上には、風洞実験に基いてデザインされたという、控え目な(?)リアスポイラーが備わる。ちなみに、クローズド状態でのCd値は0.32。
トランク上には、風洞実験に基いてデザインされたという、控え目な(?)リアスポイラーが備わる。ちなみに、クローズド状態でのCd値は0.32。
中央に回転計を配する「カリフォルニア」のメーター。その右側にはアナログの速度計が、左側には油温、水温ほか各種インフォメーションがデジタル表示される。
中央に回転計を配する「カリフォルニア」のメーター。その右側にはアナログの速度計が、左側には油温、水温ほか各種インフォメーションがデジタル表示される。
まさか、と思ったけれどトランクスルー機構が備わっていた。後席バックレストを倒すと、スキーやゴルフバッグは難しいにしても、スノボぐらいだったら楽に積めそうなスペースが生まれる。
(写真をクリックすると、荷室の開閉アクションが見られます)
まさか、と思ったけれどトランクスルー機構が備わっていた。後席バックレストを倒すと、スキーやゴルフバッグは難しいにしても、スノボぐらいだったら楽に積めそうなスペースが生まれる。
(写真をクリックすると、荷室の開閉アクションが見られます)
関連記事
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.9 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ、「488」シリーズに「スパイダー」モデルが加わった。空を味方につけたミドシップフェラーリの実力やいかに? 東京を抜け出し、一路箱根のワインディングロードを目指した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編) 2016.5.26 mobileCG SUPER GTやD1グランプリで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psの跳ね馬の手綱を引いた感想は?
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.5.23 画像・写真 最高出力800psのV12エンジンを搭載する、フェラーリの新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」が日本上陸。東京都内で初披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る