【スペック】全長×全幅×全高=4775×1780×1535mm/ホイールベース=2750mm/車重=1510kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4SOHC16バルブ(170ps/5600rpm、23.4kgm/4000rpm)/価格=283万5000円(テスト車=342万8250円)

スバル・レガシィツーリングワゴン2.5i Sパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】

新価値発見 2010.01.05 試乗記 スバル・レガシィツーリングワゴン2.5i Sパッケージ(4WD/CVT)
……342万8250円

5代目レガシィ開発に当たっての狙いは、「乗員に豊かな時間を提供すること」だったという。そんなレガシィのほんとうの姿を、2.5リッターNAモデルに乗って探ってみた。

全幅1780mmは大きすぎ?

熱いマニアに支えられているという意味では、「スバル・レガシィ」は国産車でも屈指の存在である。だから、なにかトピックがあるごとに賛否がうずまくのは当然だが、今年春にフルチェンジした5代目ではとくに騒がしい。いわく「デカくなりすぎ」、「日本人は無視か!?」、「プレミアムでなくなった」、そして「カッコ良くない」……つまりは、一部のファナティックにとって、新型レガシィは「らしくない」ということなのだろう。

レガシィは確かに大きくなった。しかし、現在の国際的なDセグメント平均でレガシィは大きすぎるクルマではない。抑制のきいたサイズだった先代から乗り換えると「やけにデカイなあ」と感じるのは否定しないが、北米をはじめとする世界戦略のなかで勝負すべきレガシィに、「日本のために小さいままでいろ」というのは、少しばかり酷な注文だとも思う。先代は、室内がせまい……という声が日本でも小さくなかったというし。少なくとも新型レガシィのキャビンは前後席とも健康的な姿勢で座ることができ、開放感にも富んでいる。

インテリアの仕立ては正直いって高級感に欠ける。この点は先代と比較しても進化が感じられない……というか、ある意味で後退した部分といっていい。コストがかかるソフトパッドトリムが皆無に近いのに加えて、シルバーのメタル調プラスチックパネルの仕上げがあまり巧妙とはいえないのに、面積だけがやけに大きいというデザイン上の問題もある。ただし、縦置きエンジンで不利になりがちな運転席周辺の収納スペースのために、わざわざ電動パーキングブレーキ(200万円台のクルマとしては贅沢だ)を新採用したのは、良心的なエンジニアリングの表れともとれる。

新型レガシィのカッコが良いかどうかは個々人の判断にお任せするが、少なくとも古典的な流麗さを表現しにくいパッケージであることは事実だ。新しいレガシィは背が高い。シリーズで最も低いB4セダンでも1.5mオーバーで、このツーリングワゴンでは全高が1535mmもある。いっぽうの1780mmという全幅はクラスでは最もナローだ。

比較的タイトなコクピット空間が演出されていた4代目までと比べると、運転席まわりは確実に広くなった。また、電子制御パーキングブレーキを採用するなど、インターフェイスも一新された。
比較的タイトなコクピット空間が演出されていた4代目までと比べると、運転席まわりは確実に広くなった。また、電子制御パーキングブレーキを採用するなど、インターフェイスも一新された。
【試乗車のオプション装備】
(キーレスアクセス&プッシュスタート+本革シート(フロントシートヒーター付き)+クリアビューパック+濃色ガラス+オールウェザーパック+LEGACYプレミアムサウンドシステム&HDDナビゲーションシステム=59万3250円)
【試乗車のオプション装備】
	(キーレスアクセス&プッシュスタート+本革シート(フロントシートヒーター付き)+クリアビューパック+濃色ガラス+オールウェザーパック+LEGACYプレミアムサウンドシステム&HDDナビゲーションシステム=59万3250円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィツーリングワゴン の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る