【スペック】全長×全幅×全高=4430×1865×1710mm/ホイールベース=2605mm/車重=1640kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5100-6000rpm、28.6kgm/1700-5000rpm)/価格=488.0万円(テスト車=同じ)

フォルクスワーゲン・ティグアン R-Line(4WD/6AT)【試乗記】

ただの“お飾り”じゃない 2010.01.04 試乗記 フォルクスワーゲン・ティグアン R-Line(4WD/6AT)
……488.0万円
「フォルクスワーゲン・ティグアン」シリーズに加わったスポーツモデル「R-Line」。専用エアロでドレスアップした最上級グレードの走りを試す。

“R-Line”って何?

「R-Line」と聞いて、すぐにピンと来た人は、かなりのフォルクスワーゲン“通”だ。日本ではまだあまり知られていないが、ドイツではスポーティなパッケージオプションとして人気を呼んでいるR-Lineが、ついに日本に初上陸した。

R-Lineとは、「ゴルフR32」や「パサートヴァリアントR36」など、“Rシリーズ”と呼ばれるフォルクスワーゲンのスポーツモデルのイメージをエクステリア/インテリアに表現したドレスアップ仕様のことで、ヨーロッパでは「ジェッタ」や「ゴルフトゥーラン」「パサート」「トゥアレグ」そして、今回紹介する「ティグアン」などに、メーカーオプションとして設定されている。そういう意味では、BMWの“Mスポーツパッケージ”、メルセデスの“AMGスタイリングパッケージ”、アウディの“S-lineパッケージ”と同じような位置づけである。

そんなR-Lineパッケージを標準装着したのが、この「ティグアン R-Line」だ。オンロード重視の「ティグアン スポーツ&スタイル」をベースに、エクステリアにはR-Line専用のフロントグリルや前後バンパー、リアスポイラー、サイドスカート、ホイールハウスエクステンションを、また、インテリアには専用の本革レザー3スポークステアリングホイールとアルミ調ペダルを採用。スポーツ&スタイルにオプション設定されるレザーシートも標準とした。さらに、スポーツサスペンションと255/40R19タイヤ&19インチアルミホイールが付いて、ベースモデルより62万円高い488万円のプライスで、2009年10月13日から販売がスタートしている。


フォルクスワーゲン・ティグアン R-Line(4WD/6AT)【試乗記】の画像
チタンブラックのレザーシート。運転席には8ウェイパワーシート&パワーランパーサポート、助手席にもシートヒーターが標準装備される。
チタンブラックのレザーシート。運転席には8ウェイパワーシート&パワーランパーサポート、助手席にもシートヒーターが標準装備される。
「R-Line」は、専用のフロントグリル・バンパー、リアスポイラー、サイドスカート、リアバンパーでドレスアップ。225/40R19タイヤ&19インチアルミホイールを収めるため、ブラックのホイールハウスエクステンションが備わる。
「R-Line」は、専用のフロントグリル・バンパー、リアスポイラー、サイドスカート、リアバンパーでドレスアップ。225/40R19タイヤ&19インチアルミホイールを収めるため、ブラックのホイールハウスエクステンションが備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る