【スペック】全長×全幅×全高=4350×1880×1230mm/ホイールベース=2575mm/車重=1390kg/駆動方式=MR/3.5リッターV6 DOHC24バルブ(280ps/6400rpm、35.7kgm/4700rpm)/価格=892万5000円(テスト車=1101万8000円)

ロータス・エヴォーラ(MR/6MT)【試乗記】

大型新人 2009.12.29 試乗記 ロータス・エヴォーラ(MR/6MT)
……1101万8000円

ロータスの新型スポーツカー「エヴォーラ」が日本上陸。3.5リッターV6をミドに積む、ブランニューモデルの実力に迫る。

体鍛えて階級アップ

こんなに素晴らしいスポーツカーだとは、夢にも思わなかった。「エリーゼ」の登場以来、13年ぶりにロータスが放つブランニューカーは、僕の予想をはるかに超えた質感、美しいスタイリング、そして素晴らしいハンドリングをもつミドシップスポーツカーだった。

「EVOLUTION」「VOGUE」「AURA」を組み合わせた、ロータス伝統の“Eから始まるネーミング”で「進化した新しいオーラを持つクルマ」を示すという「エヴォーラ」。このスポーツカーのなによりの特徴は、ロータス初となる、2+2のMRシャシーに、これまた久々の大排気量3.5リッターV6エンジンを搭載したことだろう。エリーゼの成功からひたすらにピュアスポーツ路線を打ち出してきたロータスだったが、やや大柄な「ヨーロッパ」での様子見を経て、ついに上級志向の路線を提案してきたわけである。

クルマの要となるのは、エリーゼから始まったアルミ押し出し材の接合シャシータブで、エヴォーラからはさらに、「VVA(Versatile Vehicle Architecture)シャシー」へと進化した。アルミ押し出し材の厚みや長さを変えることによって、フロントエンジン車はもとより、EVなど様々なモデル展開を可能とする新世代シャシーである。サイドシルの幅がエリーゼに比べ20mm狭くなった(100mm→80mm)おかげで、乗降性の向上といった成果も見られる。

またエヴォーラは、このVVAシャシーを中核に、フロントセクションはアルミ製、リアセクションはスチール製のモジュールサブフレームをジョイントした。レーシングカーのごとき手法で組み立てられたシャシーは、生産効率アップと同時に衝突時の衝撃分散性に優れており、万が一のクラッシュ時にもメインタブへのダメージと、修正コストを大幅に抑えることができるという。

タイヤサイズは、フロント:225/40R18、リア:255/35R19の異径となる。試乗車は、オプションの「シルバー鍛造ホイール」を履く。
タイヤサイズは、フロント:225/40R18、リア:255/35R19の異径となる。試乗車は、オプションの「シルバー鍛造ホイール」を履く。
インテリアはベージュ内装のほか、黒、茶、赤系の3色も選べる。ボディカラーは全20色から選択可能。
インテリアはベージュ内装のほか、黒、茶、赤系の3色も選べる。ボディカラーは全20色から選択可能。
ボリューム豊かなリアまわり。対して、後方視界は、ごく僅かでしかない。
ボリューム豊かなリアまわり。対して、後方視界は、ごく僅かでしかない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る