第106回:年末年始の渋滞は避けられるか? 〜渋滞情報の最前線に迫る!

2009.12.28 エッセイ

第106回:年末年始の渋滞は避けられるか? 〜渋滞情報の最前線に迫る!

リアルタイムで監視、対応

ETC割引によって高速道路の利用機会が増え、この年末年始も帰省をはじめ数多くの利用者が見込まれている。クルマが増えれば当然、渋滞や事故の発生も増えることになる。
こういった利用者の安全・快適なドライブをサポートしているのが、NEXCO各社(東日本、中日本、西日本)である。道路の保守管理はもちろん、渋滞情報や事故情報をリアルタイムで監視しているのである。

今回、埼玉県の岩槻にある、NEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)の道路管制センターを訪れ、その高速道路情報の最前線を見ることができた。NEXCO東日本は首都圏を含む地域をカバーするだけに、交通量も多く、そのぶん取り扱う情報量も多い。

見学させていただいたのは、これらの情報をコントロールする施設。
カバーエリアの道路状況が一目で確認できる交通管制室では、前面の大型パネルが1分単位で更新され、常に最新情報が映し出されていた。ここでは事故や渋滞が一目で確認できるほか、高速道路内に設置される非常電話の受付や、パトロールカーからの連絡を受けている。事故の処理や故障車の救出などは、こちらで対応が行われる。1日約200件もの異常事象が発生するという忙しさで、取材中もひっきりなしに電話がかかってきていた。

また施設制御室では、道路やトンネル、サービスエリアやETC設備などの道路施設、計5万4600カ所の監視を行っている。トンネル火災やETCゲートの異常、掲示板の故障など、円滑な交通に支障をきたすものを排除するために、情報を収集している。修理などは、その重要度に応じてランク付けされ、処理がなされるということだ。

このほか、車線数を増やしたり、加速・減速車線を延ばしたりといった、道路環境の整備も行われている。これらは、利用者が安全でスムーズに道路を利用できるようにするための、いわば、ハード面での対応である。一方でソフト面の対応も行われている、すなわち「渋滞情報の提供」だ。


第106回:年末年始の渋滞は避けられるか? 〜渋滞情報の最前線に迫る!
NEXCO東日本交通管制室の様子。70インチのパネルを14枚使った2.5×10mの画面に向かい、道路状況を確認しながらさまざまな対応をする。
第106回:年末年始の渋滞は避けられるか? 〜渋滞情報の最前線に迫る!
東京アクアラインは監視重点箇所ということで、別モニターで監視される。
第106回:年末年始の渋滞は避けられるか? 〜渋滞情報の最前線に迫る!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ