第123回:大矢アキオ特選 「北斎」から「キティちゃん」まで!華麗なる路上のプチ・デコ車たち

2009.12.26 エッセイ

第123回:大矢アキオ特選 「北斎」から「キティちゃん」まで!華麗なる路上のプチ・デコ車たち

イタリア版「注連飾り」

ボクが子供の頃、新年には多くのクルマが注連(しめ)飾りを付けて走っていたものだ。今日あまり見かけなくなってしまったのは、古い風習が廃れてきているからだろう。だが、フロントまわりのフラッシュサーフェス化によってグリル開口部が年々小さくなり、注連飾りを縛り付けるスペースがなくなったことも関係あるに違いない。たとえば「三菱i」などは、注連飾りファンに挑戦状を叩きつけているようなデザインである。
近い将来、ラジエターのない電気自動車の普及によって、自動車注連飾り文化に終止符が打たれるものと思われる。

ヨーロッパはというと、クルマのダッシュボードにお守りを貼る行為は古くから見られるが、フロントにお守り系をくくり付ける習慣はない。それは「フォルクスワーゲン・ビートル」、初代「フィアット500(チンクエチェント)」、「ルノー4CV」など「各国の大衆車が皆リアエンジンで、フロントグリルがなかったから」という仮説をボクはたててみたが、信憑性はかなり薄いので読者の皆さんには聞き流して欲しい。

そんな冗談はともかく、欧州でお守り系アイテムの掲示を大切にしているのは、イタリアのトラックドライバーであろう。聖書の登場人物や、カトリック系聖人・聖職者像のデカールを貼っている人が多いのである。
「写真1」はその一例である。20世紀の有名な聖職者・ピオ神父のデカールを2枚も貼ったトラックだ。

写真1:ピオ神父のデカールを2つも貼ったトラック。
第123回:年末年始、大矢アキオ特選 「北斎」から「キティちゃん」まで!華麗なる路上のプチ・デコ車たち
写真2:ボルボマークと小便小僧。
第123回:年末年始、大矢アキオ特選 「北斎」から「キティちゃん」まで!華麗なる路上のプチ・デコ車たち

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。