三菱「デリカD:5」のFF車が2リッターに

2009.12.25 自動車ニュース
「デリカD:5 G-Premium」(FF)
三菱「デリカD:5」のFF車が2リッターにダウンサイジング

三菱「デリカD:5」のFF車が2リッターに

三菱自動車は、ミニバン「デリカD:5」をマイナーチェンジ。同時に特別仕様車「EXCEED II」を設定し、2010年1月13日に販売を開始する。

「デリカD:5 G-Navi」のインパネ。
三菱「デリカD:5」のFF車が2リッターにダウンサイジング

■全車エコカー減税対象に

今回、FF車の搭載エンジンが2.4リッター(170ps、23.0kgm)から2リッター(150ps、20.1kgm)へと変更され、10・15モード燃費が11.0km/リッターから12.4km/リッターに向上。これにより、4WD車を含むすべてのグレードがエコカー減税に適合した。なお、4WD車には従来通り2.4リッターエンジンが搭載される。

インテリアでは、新デザインのハイコントラストメーターとマルチインフォメーションディスプレイを採用(「M」を除く)。「G(7人乗り)」グレードには本革シートを新たにオプション設定し、「ROADEST」グレードではセンターパネルほかの質感向上が図られるなどされた。(FF車、4WD車共通)
FF車のエクステリアに4WD車の意匠が採り入れられ、デザインが統一されたこともニュースだ。さらに「ROADEST」グレードのホイールは、4WD車と同じ18インチアルミへと変更。ボディカラーには新色「コズミックブルーマイカ」が加わるなどした。

装備面では、「ヒルスタートアシスト」、急減速時に後続車に危険を促す「エマージェンシーストップシグナルシステム」、乗降時にヘッドライトなどを点灯させる「ウェルカムライト/ホームカミングライト機能」などが新たに採用された。(FF車、4WD車共通)

価格はFF車が221万3400円から335万7900円、4WD車が266万7000円から370万6500円。

「デリカD:5 EXCEED II」
三菱「デリカD:5」のFF車が2リッターにダウンサイジング

■上質な室内の特別仕様車

同時に特別仕様車「EXCEED II」も発売する。
ベース車はベーシックな「M」グレード。インテリアの各所に木目調パネルを用い、ステアリングホイール/シフトレバーが本革巻きとされるなど、インテリアの質感が高められた。さらに人気装備の7インチワイドディスプレイHDDナビと、ビルトインETCを特別装備。助手席側電動スライドドア、クルーズコントロール、16インチアルミホイールなども採用された。

価格は255万4000円(FF)と299万8000円(4WD)。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デリカD:5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
ホームへ戻る