三菱「デリカD:5」のFF車が2リッターに

2009.12.25 自動車ニュース

三菱「デリカD:5」のFF車が2リッターに

三菱自動車は、ミニバン「デリカD:5」をマイナーチェンジ。同時に特別仕様車「EXCEED II」を設定し、2010年1月13日に販売を開始する。

■全車エコカー減税対象に

今回、FF車の搭載エンジンが2.4リッター(170ps、23.0kgm)から2リッター(150ps、20.1kgm)へと変更され、10・15モード燃費が11.0km/リッターから12.4km/リッターに向上。これにより、4WD車を含むすべてのグレードがエコカー減税に適合した。なお、4WD車には従来通り2.4リッターエンジンが搭載される。

インテリアでは、新デザインのハイコントラストメーターとマルチインフォメーションディスプレイを採用(「M」を除く)。「G(7人乗り)」グレードには本革シートを新たにオプション設定し、「ROADEST」グレードではセンターパネルほかの質感向上が図られるなどされた。(FF車、4WD車共通)
FF車のエクステリアに4WD車の意匠が採り入れられ、デザインが統一されたこともニュースだ。さらに「ROADEST」グレードのホイールは、4WD車と同じ18インチアルミへと変更。ボディカラーには新色「コズミックブルーマイカ」が加わるなどした。

装備面では、「ヒルスタートアシスト」、急減速時に後続車に危険を促す「エマージェンシーストップシグナルシステム」、乗降時にヘッドライトなどを点灯させる「ウェルカムライト/ホームカミングライト機能」などが新たに採用された。(FF車、4WD車共通)

価格はFF車が221万3400円から335万7900円、4WD車が266万7000円から370万6500円。

■上質な室内の特別仕様車

同時に特別仕様車「EXCEED II」も発売する。
ベース車はベーシックな「M」グレード。インテリアの各所に木目調パネルを用い、ステアリングホイール/シフトレバーが本革巻きとされるなど、インテリアの質感が高められた。さらに人気装備の7インチワイドディスプレイHDDナビと、ビルトインETCを特別装備。助手席側電動スライドドア、クルーズコントロール、16インチアルミホイールなども採用された。

価格は255万4000円(FF)と299万8000円(4WD)。

(webCG 本諏訪)

「デリカD:5 G-Premium」(FF)
「デリカD:5 G-Premium」(FF) 拡大
「デリカD:5 G-Navi」のインパネ。
「デリカD:5 G-Navi」のインパネ。 拡大
「デリカD:5 EXCEED II」
「デリカD:5 EXCEED II」 拡大

関連キーワード:
デリカD:5三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱が「デリカD:5」を一部改良 特別仕様車「ジャスパー」も発売 2018.4.26 自動車ニュース 三菱がミニバンの「デリカD:5」を一部改良。フロントマスクをバンパープロテクター付きのより力強いデザインに変更した。同時に、夏のアウトドアレジャーをイメージした特別仕様車「ジャスパー」も設定。こちらは2018年5月17日の発売予定となっている。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • 発売10周年を記念した特別な「三菱デリカD:5」登場 2017.10.26 自動車ニュース 三菱自動車は2017年10月26日、ミニバン「デリカD:5」の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を発売した。価格は、MMCS装着車が383万4000円で、MMCS非装着車が365万6880円。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • 三菱デリカD:5 恒例の冬モデル登場 2010.10.8 自動車ニュース 三菱自動車は2010年10月7日、「デリカD:5」に特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を設定し、10月18日に発売すると発表した。
ホームへ戻る