「プジョー207SW」、装備が増えて15万円お安く

2009.12.25 自動車ニュース

「プジョー207SW」、装備が増えて15万円お安く

プジョー・シトロエン・ジャポンは、マイナーチェンジしたコンパクトワゴン「207SW」を2010年1月14日に発売する。

コンパクトハッチ「207」のマイナーチェンジに続き、ワゴン版の「207SW」にも小変更が加えられた。

特徴的なフロントノーズをややマイルドな意匠としながら、グリルのデザインを変更。フォグランプは中央のエアインテーク内から左右両サイドへと移された。
さらに、サイドモール上部にクロームストリップが施され、ホイールのデザインも一新された。

インテリアも、シート形状がスポーティなものからコンフォートなものへと変更され、シート地のデザインも改められた。

機能面では、ドア施錠時にウィンドウが閉まる「オートクローズ」、1回のタッチでウィンカーを3回点滅させられる「ワンタッチウィンカー」、「クルーズコントロール」などが標準となった。

ラインナップは、1.6リッターターボエンジンに5段MTを組み合わせる「207SW GTi」がカタログ落ちし、1.6リッターNAに4段ATの「207SW Premium」(旧「207SW」)のみに。従来より15.0万円安い、254.0万円で販売される。
前席シートヒーター付きのレザーシートオプション装着車も受注生産で用意され、こちらの価格は275.0万円となる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る