「プジョー207SW」、装備が増えて15万円お安く

2009.12.25 自動車ニュース

「プジョー207SW」、装備が増えて15万円お安く

プジョー・シトロエン・ジャポンは、マイナーチェンジしたコンパクトワゴン「207SW」を2010年1月14日に発売する。

コンパクトハッチ「207」のマイナーチェンジに続き、ワゴン版の「207SW」にも小変更が加えられた。

特徴的なフロントノーズをややマイルドな意匠としながら、グリルのデザインを変更。フォグランプは中央のエアインテーク内から左右両サイドへと移された。
さらに、サイドモール上部にクロームストリップが施され、ホイールのデザインも一新された。

インテリアも、シート形状がスポーティなものからコンフォートなものへと変更され、シート地のデザインも改められた。

機能面では、ドア施錠時にウィンドウが閉まる「オートクローズ」、1回のタッチでウィンカーを3回点滅させられる「ワンタッチウィンカー」、「クルーズコントロール」などが標準となった。

ラインナップは、1.6リッターターボエンジンに5段MTを組み合わせる「207SW GTi」がカタログ落ちし、1.6リッターNAに4段ATの「207SW Premium」(旧「207SW」)のみに。従来より15.0万円安い、254.0万円で販売される。
前席シートヒーター付きのレザーシートオプション装着車も受注生産で用意され、こちらの価格は275.0万円となる。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る