「フォード・エクスプローラー」装備変更、グレード見直しも

2009.12.24 自動車ニュース

「フォード・エクスプローラー」装備変更、グレード見直しも

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォードのSUV「エクスプローラー」を一部改良し、2009年12月24日に発売した。

今回の変更では、V6 4リッターエンジン搭載のエントリーモデル「XLT」に、電動ガラスサンルーフとステップバーを標準装備。ブリリアントシルバーメタリックとサングリアレッドメタリックのボディカラーには、ブラックの内装色を新たに設定した。

これに合わせて、グレード体系の見直しも行われた。最上級モデルの「V8 リミテッド」がラインナップから落とされ、「V8 エディーバウアー」「V6 XLT」の2グレード体制となる。

価格は、据え置きで、V8 エディーバウアーが525.0万円、V6 XLTは430.0万円。

(webCG ワタナベ)

「フォード・エクスプローラー」装備変更、グレード見直しもの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る