「フォード・エクスプローラー」装備変更、グレード見直しも

2009.12.24 自動車ニュース

「フォード・エクスプローラー」装備変更、グレード見直しも

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォードのSUV「エクスプローラー」を一部改良し、2009年12月24日に発売した。

今回の変更では、V6 4リッターエンジン搭載のエントリーモデル「XLT」に、電動ガラスサンルーフとステップバーを標準装備。ブリリアントシルバーメタリックとサングリアレッドメタリックのボディカラーには、ブラックの内装色を新たに設定した。

これに合わせて、グレード体系の見直しも行われた。最上級モデルの「V8 リミテッド」がラインナップから落とされ、「V8 エディーバウアー」「V6 XLT」の2グレード体制となる。

価格は、据え置きで、V8 エディーバウアーが525.0万円、V6 XLTは430.0万円。

(webCG ワタナベ)

「フォード・エクスプローラー」装備変更、グレード見直しもの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクスプローラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
ホームへ戻る