ボルボ、「C30」の電気自動車を発表【デトロイトショー2010】

2009.12.24 自動車ニュース

【デトロイトショー2010】ボルボ、「C30」の電気自動車を発表

ボルボは、デトロイトショーに「C30」の電気自動車バージョンを出展する。

電気自動車(EV)開発を進めてきたボルボが、より市販車に近い形のプロトタイプをお披露目する。

ベースモデルの「C30」とは異なり、モーターやリチウムイオンバッテリーを搭載するほか、メーター類もEVならではの意匠にあらためられるが、「C30と同等の安全性、快適さ、そして車内の広さを実現した」(プレスリリース)。

バッテリーは、一般的な家庭用電源や沿道の専用充電ステーションで充電が可能。約8時間で満充電となる。航続可能距離は最大150kmで、0-100km/h加速に要する時間は、10.5秒と伝えられる。

今後同社では、2010年に50台以上のテスト車を製造。2011年の実用化を目指して開発を続けるという。

(webCG 関)

関連キーワード:
C30ボルボデトロイトモーターショー2010イベント電気自動車(EV)自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボC30 2.0e パワーシフト(FF/6AT)/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗速報】 2009.2.20 試乗記 ボルボC30 2.0e パワーシフト(FF/6AT)/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/299.0万円

    ボルボのコンパクトな3モデルに、新たなエンジンとトランスミッションを得た「2.0e パワーシフト」が登場。300万円を切るエントリーグレードの実力や、いかに?
  • ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】 2009.5.11 試乗記 ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/289.0万円/299.0万円

    ボルボの新しいエントリーグレード「2.0e パワーシフト」は、燃費がジマン。500kmを超えるエコラン競走に参加してわかった、その実力は?
  • ボルボV50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2009.4.1 試乗記 ……307.0万円
    総合評価……★★★★

    これまでボルボワゴンに食指を動かされながらも、345万円からという価格をネックと感じていたユーザーにとって、本命といえそうなモデルが登場した。
  • ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)【試乗記】 2010.4.15 試乗記 ボルボC30 2.0e Aktiv(FF/6AT)
    ……353万7000円

    シャープな顔立ちに生まれ変わったボルボのコンパクトカー「C30」。ベーシックグレードで、その走りを検証する。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
ホームへ戻る