トヨタ、「カローラルミオン」の燃費を向上

2009.12.22 自動車ニュース

トヨタ、「カローラルミオン」の燃費を向上

トヨタ自動車は2009年12月22日、「カローラルミオン」をマイナーチェンジし、発売した。

■全車エコカー減税に適合

今回の改良では、1.8リッター車にバルブのリフト量を連続的に変化させる「バルブマチック」を採用し、さらにトランスミッションにスーパーCVT-iを組み合わせるなどして、燃費を向上させた。また、1.5リッター車についても、アイドリング時のエンジン負荷低減により燃料消費量を改善した。

1.8リッター車の燃費(10・15モード)は、FFが16.6km/リッターで、4WDは15.0km/リッター。従来型と比べると、それぞれ1.2km/リッター、0.6km/リッター向上している。1.5リッター車(FFのみ)は、従来比+0.4km/リッターとなる16.6km/リッターを達成した。

これらの改良により、1.8リッターFF車と1.5リッター車は、平成22年度燃費基準+25%を達成。自動車税と重量税の割引率は、50%から75%へとアップした。また、1.8リッター4WD車は50%減税の対象となった。

■内外装をリフレッシュ

同時に、内外装にも手が加えられた。新デザインのフロントバンパーやグリルのほか、リアガーニッシュコンビネーションランプを採用。新意匠のアルミホイールやホイールキャップも採り入れた。

さらにスポーツタイプのシートを全車に標準装着したほか、グレードによりアームレスト型コンソールボックスや高輝度シルバー塗装のインパネクラスター、ピアノブラック塗装のシフトパネルなどを採用した。

ラインナップは、1.5Xにエアロツアラーが、1.8リッター4WD車には1.8Xが加わり、1.5リッター車が3グレード(FFのみ)、1.8リッター車には3グレード5タイプ(FFが2タイプ、4WDは3タイプ)が用意される。

価格は、1.5リッター車が169万円から184万円、1.8リッター車は199万円から232万9000円。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
カローラ ルミオントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る